Retina

Laboratory of Retinal Cell Biology (RCB)

Laboratory of Retinal Cell Biology (RCB lab)
網膜細胞生物学研究室

チーフ :
小沢洋子  
Chief:
Yoko Ozawa
メンバー:
永井紀博、久保田俊介、鴨下衛、藤波芳、岡本知大、川島弘彦、平沢学、長田秀斗、戸田枝里子、猪股優子  
Members:
Norihiro Nagai, Shunsuke Kubota, Norimitsu Ban, Mamoru Kamoshita, Kaoru Fujinami, Tomohiro Okamoto, Hirohiko Kawashima, Manabu Hirasawa, Hideto Osada, Eriko Toda, Yuko Inomata, Yohei Tomita
網膜臨床
メンバー:
篠田肇、永井紀博、内田敦郎、栗原俊英、鈴木美砂、永井香奈子、南早紀子  
Clinical Members:
Hajime Shinoda, Norihiro Nagai, Atsuro Uchida, Toshihide Kurihara, Misa Suzuki, Kanako Nagai, Sakiko Minami
同 窓 生:
石田晋、野田航介、里深信吾、持丸博史、栗原俊英、佐々木真理子、結城賢弥、吉田哲、成松俊雄、三宅誠司、吉川奈美、高橋矩子、吉田怜、馬渕春菜   Alumuni: Susumu Ishida, Kousuke Noda, Shingo Satofuka, Hiroshi Mochimaru, Toshihide Kurihara, Mariko Sasaki, Kenya Yuki, Tetsu Yoshida, Toshio Narimatsu, Seiji Miyake, Nami Yoshikawa, Noriko Takahashi, Rei Yoshida, Haruna Mabuchi
留学中:
伴紀充(ワシントン大学)  
Overseas study:
Norimitsu Ban (Washington University School of Medicine, St. Louis, MO, USA)

RCB紹介動画

理念と目標

 重篤な視覚障害を来す疾患には、糖尿病網膜症・加齢黄斑変性・網膜色素変性症・緑内障があり、これらは先進国の主要な失明原因です。いずれも、光を受容して視覚を構成する網膜神経組織の機能や生存に影響しうることが知られています。そこで我々は、これらの疾患の病態メカニズムを解析すると共に、予防を含めた新規治療法の開発を理念としています。加齢により増加する疾患が多く、網膜神経細胞やそのメンテナンスを行う網膜色素上皮(RPE)の細胞老化のメカニズムにも着目しています。また、老化や疾患による網膜細胞の代謝にも注目しています。網膜の変化は、不可逆な場合が多いので、いずれの疾患でも早期治療が望ましく、発症や進行の予防・網膜神経保護(Neuroprotection)を目的とした介入法の開発を目指しています。病態において生じる網膜変化の分子メカニズムを解析し、これまでに酸化ストレス・炎症の意義が明らかになってきました。さらなる病態解明を進めると共に、酸化ストレス・炎症の制御法の開発を目指しています。また最近では、網膜色素変性症患者由来の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた「疾患iPS研究」でスクリーニングされた薬剤の効果を、主に疾患モデルマウスを用いて解析しています。研究室(ベンチ)で明らかにされた成果は、着実に臨床(ベッドサイド)に応用できるよう、臨床的アプローチの病態解析も重視しています。

 Our mission is to analyze the mechanisms of vision-threatening retinal diseases* and develop new therapeutic strategies. Because the diseases progress with age, we focus on the mechanisms of cellular aging and metabolism in the retinal neurons and the retinal pigment epithelium (RPE). We explore new concepts for preventive therapies focusing on oxidative stress and inflammation as key pathogenic mechanisms. In addition, we recently showed some candidate drugs for preventing photoreceptor cell death in retinitis pigmentosa using the patient’s induced pluripotent stem (iPS) cells, and now, we are going to show the biological significance of the drugs utilizing disease model mice. Clinical samples are also useful to confirm the hypotheses developed in the animal or cellular experiments. *Our current target diseases: diabetic retinopathy, age-related macular degeneration, retinitis pigmentosa, and glaucomatous optic neuropathy.

酸化ストレス Oxidative Stress

 活性酸素種(Reactive Oxygen Species; ROS)に伴う酸化ストレスは通常では生体防御反応により制御されますが、過度の酸化ストレスは病態を引き起こしたり悪化させたりすることが知られています。糖尿病網膜症はそのよい一例です。しかし、その分子メカニズムには未知の部分が多く残されており、視機能障害の進行を防ぐ方法が求められています。我々はこのメカニズムの一端を解析し、酸化ストレスとレニン・アンジオテンシン系(Renin-Angiotensin System; RAS)が密接に関与し、網膜神経細胞の障害から視機能に影響を与えることを発表しました(図1)。現在はさらなる分子メカニズムの解析を進め、臨床応用を視野に入れた予防法の開発に向けて研究をしています。

 加齢黄斑変性にも酸化ストレスが関与し、メタボリックシンドロームだけでなく、光暴露も関与しうるとされますが、これまでメカニズムは明らかではありませんでした。我々は光刺激が網膜色素上皮細胞に影響して、酸化ストレスを発生させ、Rho/ROCKシグナルを活性化することで細胞間接着の異常(図2)や炎症性サイトカインの発現亢進を促進させることを明らかにし報告しました。

 緑内障性視神経症は、加齢に伴い網膜神経節細胞(retinal ganglion cells; RGC)が異常に減少してしまう疾患です。我々は酸化ストレスが蓄積しやすいSuperoxide dismutase 1 (SOD1)欠損マウスのRGCは加齢と共に異常に速く減少することを明らかにしました。つまり、RGCでは、通常は酸化ストレスが蓄積しすぎないようにSOD1により処理されていますが、SOD1が作用しないとRGCの生存維持が難しいということが明らかとなったのです。さらに、SOD1欠損マウスでは病的刺激による酸化ストレスを受けると、野生型マウスに比べて明らかに容易に障害されることも明らかにしました。SOD1の働きが緑内障性視神経症に関与する可能性があると考えられます。さらに、酸化ストレスがRGCを障害するメカニズムの一つにも、RASが関与することを示しました。

 我々は、酸化ストレスを解消するための抗酸化剤として、ルテインの効力に注目し、科学的に解析しています。ルテインは、元来食物から摂取されるFood factorのひとつで、網膜の黄斑部に取り込まれることが知られており、我々はその生物学的効果を糖尿病、網膜炎症、光暴露の各モデルを用いて示してきました。最近では、その効果の分子メカニズムについて、さらに深く研究をしています。このようなFood factorに関連した研究は全国的に「医農連携事業」として注目され始めた分野でもあります。

 Excessive oxidative stress has been reported to cause cellular dysfunction, however, its influence and the underlying molecular mechanism of the retinal neural damage have not been fully understood. Our researches show the cross-talk between reactive oxygen species (ROS) and renin-angiotensin system (RAS) in diabetic retinopathy (Figure 1). Although light exposure is one of the risk factors of age-related macular degeneration (AMD), the mechanism also remains elusive. We showed that the light exposure disrupts cell-cell adhesion (Figure 2) and actin cytoskeleton and induces inflammatory cytokines in the retinal pigment epithelium (RPE). Now, we further study to find underlying molecular mechanism of the retinal pathogenesis in order for exploring a new therapeutic approach to prevent the diseases.

 We also found that accumulated oxidative stress by superoxide dismutase 1 deficiency reduces retinal ganglion cells (RGCs) with aging which is involved in glaucoma. Oxidative stress in the RGCs was also related to RAS activation, which further suggests the involvement of cross talk between RAS and ROS in the retinal pathogenesis. Interestingly, the critical influences of the oxidative stress in the retina were cancelled by lutein, which is an anti-oxidant taken from food and delivered to the retina in mammals. We analyze the biological effects of lutein, at molecular levels, using animal models of diabetes, inflammation, and light-exposure. These studies fit to the movement of “Agro-medicine”, in which highly-functional agricultural crops are utilized for the preventive therapy and healthy life.

炎症 Inflammation

 我々はこれまでに、眼炎症が様々な分子を介して、網膜神経組織や血管に多くの変化を引き起こすことを発表しました。①の内容にも関連しますが、加齢黄斑変性に関与しうる炎症細胞や炎症性サイトカイン誘導のメカニズム、その作用を解析するとともに、Neuroinflammationの概念についても掘り下げて研究しています。網膜神経細胞の中で細胞内シグナル伝達経路が活性化されることが病態を形成するという概念です。網膜神経細胞自体が炎症性サイトカイン等を産生することも含まれます。実験的ぶどう膜炎・網膜炎(Endotoxin-induced uveitis; EIU)モデルマウスを用い、我々は網膜神経組織内で引き起こされる炎症性変化が網膜視細胞を障害し、視機能を低下させるメカニズム(図3)を解析しています。網膜神経細胞に直接作用する抗炎症治療や、酸化ストレスと炎症性サイトカインのクロストークについても、さらなる探求を続けています。
炎症のメカニズムは多岐にわたるため、今後も様々な方面から解析を進める必要があると考えています。

 We have previously published several papers which demonstrate the inflammatory changes of the retinal vascular and neural systems. Underlying mechanism of inducing inflammatory cytokine and inflammatory cells which may cause age-related macular degeneration (AMD), and their roles are one of our recent topic.
Now, we focus on “Neuroinflammation” using a mouse model of endotoxin-induced uveitis (EIU). This is the concept that inflammatory signaling pathways activated in the neurons cause pathogenesis (Fuigure 3). Besides, inflammatory cytokine can be produced in the neural tissue. This concept will be important to establish new approach in the vision-threatening retinal diseases. Cross-talk between inflammatory signaling pathway and ROS is also a topic.
 Further investigation is continued to explore the molecular mechanism of inflammation in the retina.

iPS細胞 Induced pluripotent stem cells (iPS cells)

 遺伝子異常による網膜障害の病態メカニズムの解析には、その遺伝子異常を再現できる系が必要です。一方、網膜細胞は生検等で採取することができない組織であるということが、今まで研究の大きな妨げとなってきました。そこで、我々は、網膜色素変性症の遺伝子異常を持った患者様から皮膚細胞を採取させていただき、iPS細胞を樹立しました(図4)。これを網膜細胞に分化誘導すれば、病態メカニズムの解析に役立つはずです。将来的には、その細胞を用いて進行予防のための創薬を行いたいと考えています。

 To study the pathogenesis of genetically abnormal diseases requires a system to reconstruct the abnormality ex vivo. However, to obtain and expand human retinal cells had previously been an impossible task. Here, iPS cells, which can be introduced by the patients’ skin cells and differentiated into retinal cells, have shed light on these kinds of researches. We have generated iPS cell lines from a patient with retinitis pigmentosa (Figure 4), and now we are investigating the mechanism of the disease using this in vitro system.

英文論文
Original Papers (English)

2016年度
Okamoto T, Ozawa Y*, Kamoshita M, Osada H, Toda E, Kurihara T, Nagai N, Umezawa K, Tsubota K. The Neuroprotective Effect of Rapamycin as a Modulator of the mTOR-NF-κB Axis during Retinal Inflammation. PLOS ONE 2016 Jan 15; 11(1):e0146517

2015年度
Nagai N, Ohta Y, Izumi-Nagai K, Shinoda H, Tsubota K, Ozawa Y*. Sneddon’s syndrome with optic disc macroaneurysm and macular edema successfully treated with subtenon steroid injection. Acta Ophthalmologica. 2015.
Ozawa Y*, Koto T, Shinoda H, Tsubota K. Vision loss by central retinal vein occlusion after Kaatsu training: a case report. Medicine (Baltimore). 2015 Sep; 94(36):e1515.
Tomita Y, Nagai Y, Suzuki M, Shinoda H, Uchida A, Mochimaru H, Izumi-Nagai K, Sasaki M, Tsubota K, Ozawa Y*. Functional Visual Acuity in Age-Related Macular Degeneration. Optometry and Vision Science. 2015. (in press)
Tomita Y, Kurihara T, Uchida A, Nagai N, Shinoda H, Tsubota K, Ozawa Y*. Wide-Angle Viewing System versus Conventional Indirect Ophthalmoscopy for Scleral Buckling. Scientific Reports. 2015 Sep 2;5:13256.
Yotsukura-Tsutsui E, Koto T, Tsubota K, Ozawa Y*. Predisposing factors for IOL dislocation treated by pars plana vitrectomy; Involvement of atopic dermatitis. Journal of Cataract and Refractive Surgery. 2015 Apr; 41(4):892-4.
Narimatsu T, Negishi K, Miyake S, Hirasawa M, Kurihara T, Tsubota K, Ozawa Y*. Blue light-induced inflammatory marker expression in the retinal pigment epithelium-choroid of mice and the protective effect of a yellow intraocular lens material in vivo. Experimental Eye Research. 2015 Jan 7; 132C:48-51.
Ozawa Y*, Kawashima M, Inoue S, Inagaki E, Suzuki A, Ooe E, Kobayashi S, Tsubota K. Bilberry extract supplementation for preventing eye fatigue in video display terminal workers. The journal of nutrition, health & aging 2015 May; 19(5):548-54.
Nagai N, Izumi-Nagai K, Suzuki M, Shinoda H,Koto T, Uchida A, Mochimaru H, Tomita Y, Miyake S, Kobayashi S, Sasaki M, Tsubota K, Ozawa Y*. Association of Macular Pigment Optical Density (MPOD) with serum concentration of oxidized low-density lipoprotein (oxidized LDL) in Healthy Adults. Retina. 2015 Apr; 35(4):820-6.
Ono T, Yuki K, Asaoka R, Kouyama K, Abe T, Tanabe S, Fukagawa K, Uchino M, Shimoyama M, Ozawa Y, Ozeki N, Shiba D, Tsubota K. Glaucomatous Visual Field Defect Severity and the Prevalence of Motor Vehicle Collisions in Japanese: A Hospital/Clinic-Based Cross-Sectional Study. Journal of Ophthalmology 2015; 2015:497067.
Ono T, Yuki K, Awano-Tanabe S, Fukagawa K, Shimoyama M, Ozawa Y, Ozeki N, Shiba D, Tsubota K. Driving self-restriction and motor vehicle collision occurrence in glaucoma. Optom Vis Sci. 2015 Mar; 92(3):357-64.
Kamoshita M, Matsumoto Y, Nishimura K, Katono Y, Murata M, Ozawa Y, Shimmura S, Tsubota K. Wickerhamomyces anomalus Fungal Keratitis Responds to Topical Treatment with Antifungal Micafungin. Journal of Infection and Chemotherapy. 2015 Feb; 21(2):141-3.
Fujinami K, Jana Zernant, Ravinder K Chana, Genevieve A Wright, Tsunoda K, Ozawa Y, Tsubota K, Anthony G Robson, Graham E Holder, Rando Allikmets, Michel Michaelides, Anthony T Moore. Clinical and Molecular Characteristics of Childhood-onset Stargardt Disease. Ophthalmology. 2015 Feb; 122(2):326-34.

2014年度
Okamoto T, Shinoda H, Kurihara T, Nagai N Tsubota K, Ozawa Y*. Intraoperative and fluorescein angiographic findings of a secondary macular hole associated with age-related macular degeneration treated by pars plana vitrectomy. BMC Ophthalmology. 2014 Sep 30; 14:114.
Kamoshita M, Ozawa Y*, Kubota S, Miyake S, Tsuda C, Nagai N, Yuki K, Shimmura S, Umezawa K, Tsubota K. AMPK-NF-κB Axis in the Photoreceptor Disorder during Retinal Inflammation. PLOS ONE 2014 Jul 21; 9(7):e103013.
Yoshida T, Ozawa Y*, Suzuki K, Yuki K, Ohyama M, Akamatsu W, Matsuzaki Y, Shimmura S, Mitani K, Tsubota K, Okano H. The use of induced pluripotent stem cells to reveal pathogenic gene mutations and explore treatments for retinitis pigmentosa. Mol Brain. 2014 Jun 16; 7:45.
Nagai N, Kubota S, Tsubota K, Ozawa Y*. Resveratrol Prevents the Development of Choroidal Neovascularization by Modulating AMP-activated Protein Kinase in Macrophages and Other Cell Types. J Nutr Biochem. 2014 Nov; 25(11):1218-25.
Sasaki M, Kawasaki R, Uchida A, Koto T, Shinoda H, Tsubota K, Tien Yin Wong, Ozawa Y*. Early Signs of Exudative Age-related Macular Degeneration in Asians. Optometry and Vision Science. 2014 Aug; 91(8):849-53.
Uchida A, Miwa M, Shinoda H, Koto T, Nagai N, Mochimaru H, Tomita Y, Sasaki M, Ikeda K, Tsubota K, Ozawa Y*. Association of Maternal Age to Development and Progression of Retinopathy of Prematurity in Infants of Gestational Age under 33 Weeks. J Ophthalmol. 2014; 2014: 187929.
Suzuki M, Nagai N, Izumi-Nagai K, Shinoda H, Koto T, Uchida A, Mochimaru H, Yuki K, Sasaki M, Tsubota K, Ozawa Y*. Predictive factors for non-responders to intravitreal ranibizumab treatment in age-related macular degeneration. Br J Ophthalmol. 2014 Sep; 98(9):1186-91.
Narimatsu T, Ozawa Y*, Miyake S, Nagai N, Tsubota K. Angiotensin II type 1 receptor blockade suppresses light-induced neural damage in the mouse retina. Free Radical Biol Med. 2014 Mar 22; 71:176-185.
Miyake S, Kobayashi S, Tsubota K, Ozawa Y*. Phase II enzyme induction by a carotenoid, lutein, in a PC12D neuronal cell line. Biochem Biophys Res Commun. 2014 Apr 4; 446(2):535-40.
Sasaki M, Kawashima M, Kawasaki R, Uchida A, Koto T, Shinoda H, Tsubota K, Jie Jin Wang, Ozawa Y*. Association of Serum Lipids with Macular Thickness and Volume in Type 2 Diabetes without Diabetic Macular Edema. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014 Mar 20; 55(3):1749-53.
Narimatsu T, Ozawa Y*, Miyake S, Kubota S, Yuki K, Nagai N, Tsubota K. Biological effects of blocking blue and other visible light on the mouse retina. Clinical & Experimental Ophthalmology. 2014 Aug; 42(6):555-63.
Uchida A, Shinoda H, Koto T, Mochimaru H, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y*. Vitrectomy for myopic foveoschisis with internal limiting membrane peeling and no gas tamponade. Retina. 2014 Mar; 34(3): 455-60.
Kudo M, Wada S, Ogawa T, Namiki S, Ozawa Y, Tsubota K, Shinjo A, Suzuki K. Possibility of medical prevention of age-related macular degeneration using confocal micro-imaging system.Int. J. of Nanomanufacturing. 2014; 10(4):321-331.
Ando R, Noda K, Tomaru U, Kamoshita M, Ozawa Y, Notomi S, Hisatomi T, Noda M, Kanda A, Ishibashi T, Kasahara M, Ishida S. Decreased proteasomal activity causes photoreceptor degeneration in mice. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2014 Jul 3; 55(7):4682-90.

2013年度
Ozawa Y*, Suzuki M, Niikura N, Kamoshita M, Nagai N, Tsubota K. Neuroprotective Role of VEGF Induced in Response to Photodynamic Therapy. Advances in Neuroimmune Biology 2013 Volume 4 (3):161-165.
Ban N, Ozawa Y*, Inaba T, Miyake S, Watanabe M, Shinmura K, Tsubota K. Light-dark condition regulates sirtuin mRNA levels in the retina. Exp Gerontol. 2013 Nov; 48(11):1212-7.
Narimatsu T, Ozawa Y*, Miyake S, Kubota S, Hirasawa M, Nagai N, Shimmura S, Tsubota K. Disruption of cell-cell junctions and induction of pathological cytokines in the retinal pigment epithelium of light-exposed mice. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2013 Jul 8; 54(7):4555-62.
Ozawa Y*, Kamoshita M, Narimatsu T, Ban N, Toda E, Okamoto T, Yuki K, Miyake S Tsubota K. Neuroinflammation and Neurodegenerative Disorders of the Retina. Endocrinology & Metabolic Syndrome. 2013 May 22; 2:111.
Yuki K, Yoshida T, Seiji M, Tsubota K, Ozawa Y*. Neuroprotective Role of Superoxide Dismutase 1 in Retinal Ganglion Cells and Inner Nuclear layer Cells against N-methyl-D-aspartate-induced cytotoxicity. Exp Eye Res., 2013 Oct; 115: 230-8.
Nishi Y, Shinoda H, Uchida A, Koto T, Mochimaru H, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y*. Detection of Early Visual Impairment in Patients with Epiretinal Membrane. Acta Ophthalmologica. 2013 Aug; 91(5):e353-7.
Ozawa Y*, Yuki K, Yamagishi R, Tsubota K, Aihara M. Renin–angiotensin system involvement in the oxidative stress-induced neurodegeneration of cultured retinal ganglion cells. Jpn J Ophthalmol. 2013 Jan; 57(1):126-32.
Kanda A, Noda K, Yuki K, Ozawa Y, Furukawa T, Ichihara A, Ishida S. Atp6ap2/(pro)renin receptor interacts with Par3 a cell polarity determinant required for laminar formation during retinal development in mice. J Neurosci. 2013 Dec 4; 33(49):19341-51.
Fujinami K, Zernant J, Chana RK, Wright GA, Tsunoda K, Ozawa Y, Tsubota K, Webster AR, Moore AT, Allikmets R, Michaelides M. ABCA4 Gene Screening by Next-Generation Sequencing in a British Cohort. Invest Ophthalmol Vis Sci 2013 Oct 11; 54(10):6662-74.
Yuki K, Tanabe S, Kouyama K, Fukagawa K, Uchino M, Shimoyama M, Ozeki N, Shiba D, Ozawa Y, Abe T, Tsubota K. The Association between Visual Field Defect Severity and Fear of Falling in Primary Open-Angle Glaucoma. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2013 Nov 21; 54(12):7739-45.
Yaguchi S, Ogawa Y, Shimmura S, Kawakita T, Hatou S, Satofuka S, Nakamura S, Imada T, Miyashita H, Yoshida S, Yaguchi T, Ozawa Y, Mori T, Tsubota K. Angiotensin II Type 1 Receptor Antagonist Attenuates Lacrimal Gland, Lung, and Liver Fibrosis in a Murine Model of Chronic Graft-Versus-Host Disease. PLoS ONE. 2013 Jun 6; 8(6):e64724.
Kawashima M, Ozawa Y, Shinmura K, Inaba T, Nakamura S, Kawakita T, Watanabe M, Tsubota K. Calorie restriction (CR) and CR mimetics for the prevention and treatment of age-related eye disorders. Exp Gerontol. 2013 Oct; 48(10):1096-100.
Yoshikawa N, Noda K, Ozawa Y, Mashima Y, Ishida S. Blockade for Vascular Adsion Protein-1 Suppresses Pathological Neovascularization in Oxygen-Induced Retinopathy. Acta Ophthalmologica. 2013 Aug; 91(5):e409-10.
Fujinami K, Tsunoda K, Nakamura N, Kato Y, Noda T, Shinoda K, Tomita K, Hatase T, Usui T, Akahori M, Itabashi T, Iwata T, Ozawa Y, Tsubota K, Miyake Y. Molecular Characteristics of Four Japanese Cases with KCNV2-retinopathy: Report of Novel Disease-causing Variants. Molecular Vision. 2013 Jul 20; 19:1580-90.
Yoshikawa N, Noda K, Shinoda H, Uchida A, Ozawa Y, Tsubota K, Mashima Y, Ishida S. Serum vascular adhesion protein-1 correlates with vascular endothelial growth factor in patients with type II diabetes. J Diabetes Complications. 2013 Mar-Apr; 27(2):162-6.

2012年度
Miyake S, Sasaki M, Takahashi N, Tsubota K, Ozawa Y*. Photo-damage mechanisms and anti-apoptotic effect of lutein in the mouse retina. Inflammation and Regeneration. 32(5), 208-212, 2012.
Miyake S, Takahashi N, Sasaki M, Kobayashi S, Tsubota K, Ozawa Y*. Vision preservation during retinal inflammation by anthocyanin-rich bilberry extract: cellular and molecular mechanism. Lab Invest. 2012 Jan; 92(1):102-9.
Sasaki M, Yuki K, Kurihara T, Miyake S, Noda K, Kobayashi S, Ishida S, Tsubota K, Ozawa Y*. Biological role of lutein in the light-induced retinal degeneration. J Nutr Biochem. 2012 May; 23(5):423-9.
Sasaki M, Shinoda H, Koto T, Uchida A, Tsubota K, Ozawa Y*. Use of micronutrient supplement for preventing advanced Age-related Macular Degeneration in Japan. Archives of Ophthalmology. 2012 Feb; 130(2):254-5.
Ozawa Y*, Sasaki M, Takahashi N, Kamoshita M, Miyake S, Tsubota K. Neuroprotective Effects of Lutein in the Retina. Current Pharmaceutical Design. 2012; 18(1):51-6.
Kurihara T, Ozawa Y, Ishida S, Okano H, Tsubota K. Renin-Angiotensin system hyperactivation can induce inflammation and retinal neural dysfunction. Int J Inflam. 2012; 2012:581695.
Yaguchi S, Ogawa Y, Shimmura S, Hatou S, Nakamura S, Inaba T, Imada T, Ozawa Y, Kawakami Y, Ishida S, Tsubota K. Presence and physiologic function of the renin-angiotensin system in mouse lacrimal gland. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012 Aug 13; 53(9):5416-25.
Murata M, Noda K, Fukuhara J, Kanda A, Kase S, Saito W, Ozawa Y, Mochizuki S, Kimura S, Mashima Y, Okada Y, Ishida S. Soluble Vascular Adhesion Protein-1 Accumulates in Proliferative Diabetic Retinopathy. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2012 Jun 26; 53(7):4055-62.
Yoshikawa N, Noda K, Ozawa Y, Tsubota K, Mashima Y, Ishida S. Blockade of vascular adhesion protein-1 attenuates choroidal neovascularization. Mol Vis. 2012; 18:593-600.
Oshima CR, Yuki K, Uchida A, Dogru M, Koto T, Ozawa Y, Tsubota K. The Vision Van, a Mobile Eye Clinic, Aids Relief Efforts in Tsunami-stricken Areas. Keio J Med. 2012; 61(1):10-4.
Nakamura-Ishizu A, Kurihara T, Okuno Y, Ozawa Y, Kishi K, Goda N, Tsubota K, Okano H, Suda T, Kubota Y. The formation of an angiogenic astrocyte template is regulated by the neuroretina in a HIF-1-dependent manner. Dev Biol. 2012 Mar 1; 363(1):106-14.
Uchida A, Shinoda K, Matsumoto C.S, Kawai M, Kawai S, Ohde H, Ozawa Y, Ishida S, Inoue M, Mizota A, Tsubota K. Acute visual field defect following vitrectomy determined to originate from optic nerve by electrophysiological tests. Case Rep Ophthalmol. 2012 Sep; 3(3):396-405.

2011年度
Ozawa Y*, Kurihara T, Tsubota K, Okano H. Regulation of posttranscriptional modification as a possible therapeutic approach for retinal neuroprotection. J Ophthalmol. 2011; 2011:506137.
Ozawa Y*, Kurihara T, Sasaki M, Ban N, Yuki K, Kubota S, Tsubota K. Neural degeneration in the retina of the streptozotocin (STZ)-induced type 1 diabetes model.Experimental Diabetes Research. 2011; 2011:108328.
Kubota S, Ozawa Y*, Kurihara T, Sasaki M, Yuki K, Miyake S, Noda K, Ishida S, Tsubota K. Roles of AMP-Activated Protein Kinase in Diabetes-Induced Retinal Inflammation. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2011 Nov 25; 52(12):9142-8.
Shinoda H, Koto T, Fujiki K, Murakami A, Tsubota K, Ozawa Y*. Clinical findings in a choroideremia patient who underwent vitrectomy for retinal detachment associated with macular hole. Jpn J Ophthalmol. 2011 Mar; 55(2):169-71.
Suzuki M, Ozawa Y*, Kubota S, Hirasawa M, Miyake S, Noda K, Tsubota K, Kadonosono K, Ishida S. Neuroprotective response after photodynamic therapy: Role of vascular endothelial growth factor. J Neuroinflammation. 2011 Dec 16; 8:176.
Yuki K, Ozawa Y*, Yoshida T, Kurihara T, Hirasawa M, Ozeki N, Shiba D, Noda K, Ishida S, Tsubota K. Retinal ganglion cell loss in superoxide dismutase 1 deficiency. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2011 Jun 13; 52(7):4143-50.
Hirasawa M, Noda K, Noda S, Suzuki M, Ozawa Y, Shinoda K, Inoue M, Ogawa Y, Tsubota K, Ishida S. Transcriptional factors associated with epithelial-mesenchymal transition in choroidal neovascularization. Mol Vis. 2011; 17:1222-30.
Kubota M, Shimmura S, Kubota S, Miyashita H, Kato N, Noda K, Ozawa Y, Usui T, Ishida S, Umezawa K, Kurihara T, Tsubota K. Hydrogen and N-acetyl-L-cysteine rescue oxidative stress-induced angiogenesis in a mouse corneal alkali-burn model. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2011 Jan 21; 52(1):427-33.

2010年度
Ozawa Y*, Kubota S, Narimatsu T, Yuki K, Koto T, Sasaki M, Tsubota K. Retinal aging and sirtuins. Ophthalmic Res. 2010; 44(3):199-203. *Corresponding author
Sasaki M, Ozawa Y*, Kurihara T, Kubota S, Yuki K, Noda K, Kobayashi S, Ishida S, Tsubota K. Neurodegenerative influence of oxidative stress in the retina of a murine model of diabetes. Diabetologia. 2010 May; 53(5):971-9. *Corresponding author
Kurihara T, Kubota Y, Ozawa Y, Takubo K, Noda K, Simon MC, Johnson RS, Suematsu M, Tsubota K, Ishida S, Goda N, Suda T, Okano H. von Hippel-Lindau protein regulates transition from the fetal to the adult circulatory system in retina. Development. 2010 May; 137(9):1563-71.
Suzuki M, Noda K, Kubota S, Hirasawa M, Ozawa Y, Tsubota K, Mizuki N, Ishida S. Eicosapentaenoic acid suppresses ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis. Mol Vis. 2010 Jul 17; 16:1382-8.
Kubota S, Kurihara T, Ebinuma M, Kubota M, Yuki K, Sasaki M, Noda K, Ozawa Y, Oike Y, Ishida S, Tsubota K. Resveratrol prevents light-induced retinal degeneration via suppressing activator protein-1 activation. Am J Pathol. 2010 Oct; 177(4):1725-31.
Tomita Y, Noda K, Shinoda H, Ozawa Y, Tsubota K, Ishida S. Secondary macular hole formation with presumed evulsion of foveal hard exudates in a patient with diabetic retinopathy. Jpn J Ophthalmol. 54(4):366-8, 2010.
Sugisaka E, Shinoda K, Sano RY, Ishida S, Imamura Y, Ozawa Y, Shinoda H, Suzuki K, Tsubota K, Inoue M. Mechanism of visual sensations experienced during pars plana vitrectomy under retrobulbar anesthesia. Ophthalmologica. 2010; 224(2):103-8.

2009年度
Hirasawa M, Noda K, Shinoda H, Ozawa Y, Tsubota K, Ishida S. Secondary macular hole associated with central retinal vein occlusion treated with corticosteroid injection. Jpn J Ophthalmol. 2009 May; 53(3):279-81.
Satofuka S, Ichihara A, Nagai N, Noda K, Ozawa Y, Fukamizu A, Tsubota K, Itoh H, Oike Y, Ishida S. (Pro)renin receptor-mediated signal transduction and tissue renin-angiotensin system contribute to diabetes-induced retinal inflammation. Diabetes. 2009 Jul; 58(7):1625-33.
Mochimaru H, Takahashi E, Tsukamoto N, Miyazaki J, Yaguchi T, Koto T, Kurihara T, Noda K, Ozawa Y, Ishimoto T, Kawakami Y, Tanihara H, Saya H, Ishida S, Tsubota K. Involvement of hyaluronan and its receptor CD44 with choroidal neovascularization. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 Sep; 50(9):4410-5.
Kubota S, Kurihara T, Mochimaru H, Satofuka S, Noda K, Ozawa Y, Oike Y, Ishida S, Tsubota K. Prevention of ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis with resveratrol by inhibiting oxidative damage and nuclear factor-kappaB activation. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 Jul; 50(7):3512-9.
Sasaki M, Ozawa Y, Kurihara T, Noda K, Imamura Y, Kobayashi S, Ishida S, Tsubota K. Neuroprotective effect of an antioxidant, lutein, during retinal inflammation. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2009 Mar; 50(3):1433-9.¶ Equally Contributed
Kurihara T, Omoto M, Noda K, Ebinuma M, Kubota S, Koizumi H, Yoshida S, Ozawa Y, Shimmura S, Ishida S, Tsubota K. Retinal phototoxicity in a novel murine model of intraocular lens implantation. Mol Vis. 2009 Dec 12; 15:2751-61.

2008年度
Ozawa Y, Ishida S, Tsubota K. Age-related macular degeneration (AMD); From pathogenesis and approved therapies to proposed treatments for prevention. Anti-Aging Medicine 5 (8), 2008.
Susaki K, Kaneko J, Yamano Y, Nakamura K, Inami W, Yoshikawa T, Ozawa Y, Shibata S, Matsuzaki O, Okano H, Chiba C. Musashi-1, an RNA-binding protein, is indispensable for survival of photoreceptors. Exp Eye Res. 2009 Mar; 88(3):347-55.
Hashizume K, Hirasawa M, Imamura Y, Noda S, Shimizu T, Shinoda K, Kurihara T, Noda K, Ozawa Y, Ishida S, Miyake Y, Shirasawa T, Tsubota K. Retinal dysfunction and progressive retinal cell death in SOD1-deficient mice. Am J Pathol. 2008 May; 172(5):1325-31.
Izumi-Nagai K, Nagai N, Ohgami K, Satofuka S, Ozawa Y, Tsubota K, Ohno S, Oike Y, Ishida S. Inhibition of choroidal neovascularization with an anti-inflammatory carotenoid astaxanthin. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2008 Apr; 49(4):1679-85.
Kurihara T, Ozawa Y, Nagai N, Shinoda K, Noda K, Imamura Y, Tsubota K, Okano H, Oike Y, Ishida S. Angiotensin II type 1 receptor signaling contributes to synaptophysin degradation and neuronal dysfunction in the diabetic retina. Diabetes. 2008 Aug; 57(8):2191-8. Equally Contributed
Ozawa Y, Nakao K, Kurihara T, Shimazaki T, Shimmura S, Ishida S, Yoshimura A, Tsubota K, Okano H. Roles of STAT3/SOCS3 pathway in regulating the visual function and ubiquitin-proteasome-dependent degradation of rhodopsin during retinal inflammation. J Biol Chem. 2008 Sep 5; 283(36):24561-70.
Satofuka S, Ichihara A, Nagai N, Noda K, Ozawa Y, Fukamizu A, Tsubota K, Itoh H, Oike Y, Ishida S. (Pro)renin receptor promotes choroidal neovascularization by activating its signal transduction and tissue renin-angiotensin system. Am J Pathol. 2008 Dec; 173(6):1911-8.
Satofuka S, Imamura Y, Ishida S, Ozawa Y, Tsubota K, Inoue M. Rhegmatogenous retinal detachment associated with primary congenital glaucoma. Int Ophthalmol. 2008 Oct; 28(5):369-71.
Shinoda H, Shinoda K, Satofuka S, Imamura Y, Ozawa Y, Ishida S, Inoue M. Visual recovery after vitrectomy for macular hole using 25-gauge instruments. Acta Ophthalmol. 2008 Mar; 86(2):151-5.

2007年度
Izumi-Nagai K, Nagai N, Ohgami K, Satofuka S, Ozawa Y, Tsubota K, Umezawa K, Ohno S, Oike Y, Ishida S. Macular pigment lutein is antiinflammatory in preventing choroidal neovascularization. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2007 Dec; 27(12):2555-62.
Izumi-Nagai K, Nagai N, Ozawa Y, Mihara M, Ohsugi Y, Kurihara T, Koto T, Satofuka S, Inoue M, Tsubota K, Okano H, Oike Y, Ishida S. Interleukin-6 receptor-mediated activation of signal transducer and activator of transcription-3 (STAT3) promotes choroidal neovascularization. Am J Pathol. 2007 Jun; 170(6):2149-58.
Koto T, Nagai N, Mochimaru H, Kurihara T, Izumi-Nagai K, Satofuka S, Shinoda H, Noda K, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Oike Y, Ishida S. Eicosapentaenoic acid is anti-inflammatory in preventing choroidal neovascularization. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Sep; 48(9):4328-34.
Mochimaru H, Nagai N, Hasegawa G, Kudo-Saito C, Yaguchi T, Usui Y, Kurihara T, Koto T, Satofuka S, Shinoda H, Ozawa Y, Tsubota K, Kawakami Y, Ishida S. Suppression of choroidal neovascularization by dendritic cell vaccination targeting VEGFR2. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Oct;48 (10):4795-801.
Nagai N, Izumi-Nagai K, Oike Y, Koto T, Satofuka S, Ozawa Y, Yamashiro K, Inoue M, Tsubota K, Umezawa K, Ishida S. Suppression of diabetes-induced retinal inflammation by blocking the angiotensin II type 1 receptor or its downstream NF-kB pathway. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Sep; 48(9):4342-50.
Nagai N, Oike Y, Izumi-Nagai K, Koto T, Satofuka S, Shinoda H, Noda K, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Ishida S. Suppression of choroidal neovascularization by inhibiting angiotensin-converting enzyme: Minimal role of bradykinin. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 May; 48(5):2321-6.
Ozawa Y, Nakao K, Shimazaki T, Shimmura S, Kurihara T, Ishida S, Yoshimura A, Tsubota K, Okano H. SOCS3 is required to temporally fine-tune photoreceptor cell differentiation. Dev Biol. 2007 Mar 15; 303(2):591-600.
Satofuka S, Ichihara A, Nagai N, Koto T, Shinoda H, Noda K, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Itoh H, Oike Y, Ishida S. Role of nonproteolytically activated prorenin in pathologic, but not physiologic, retinal neovascularization. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2007 Jan; 48(1):422-9.
Sugisaka E, Shinoda K, Ishida S, Imamura Y, Ozawa Y, Shinoda H, Suzuki K, Tsubota K, Inoue M. Patients’ descriptions of visual sensations during pars plana vitrectomy under retrobulbar anesthesia. Am J Ophthalmol. 2007 Aug; 144(2):245-51.

2006年度
Kurihara T, Ozawa Y, Shinoda K, Nagai N, Inoue M, Oike Y, Tsubota K, Ishida S, Okano H. Neuroprotective effects of angiotensin II type 1 receptor (AT1R) blocker, telmisartan, via modulating AT1R and AT2R signaling in retinal inflammation. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2006 Dec;47(12):5545-52.¶ Equally Contributed
Nagai N, Oike Y, Izumi-Nagai K, Urano T, Kubota Y, Noda K, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Suda T, Ishida S. Angiotensin II type 1 receptor-mediated inflammation is required for choroidal neovascularization. Arterioscler Thromb Vasc Biol. 2006 Oct; 26(10):2252-9.
Satofuka S, Ichihara A, Nagai N, Yamashiro K, Koto T, Shinoda H, Noda K, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Suzuki F, Oike Y, Ishida S. Suppression of ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis by inhibiting nonproteolytic activation of prorenin. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2006 Jun; 47(6):2686-92.
Sugisaka E, Shinoda K, Ishida S, Imamura Y, Ozawa Y, Nakajima T, Shinoda H, Suzuki K, Kawaguchi N, Inoue M. Visual Sensations during Vitrectomy. Ophthalmology. 2006 Oct; 113(10):1886.e1-2.

2005年度
Nagai N, Oike Y, Noda K, Urano T, Kubota Y, Ozawa Y, Shinoda H, Koto T, Shinoda K, Inoue M, Tsubota K, Yamashiro K, Suda T, Ishida S. Suppression of ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis by blocking the angiotensin II type 1 receptor. Invest Ophthalmol Vis Sci. 2005 Aug; 46(8):2925-31.

2004年度
Ozawa Y, Nakao K, Shimazaki T, Takeda J, Akira S, Ishihara K, Hirano T, Oguchi Y, Okano H. Downregulation of STAT3 activation is required for presumptive rod photoreceptor cells to differentiate in the postnatal retina. Mol Cell Neurosci. 26(2): 258-270, 2004.

2001年度
Shinoda K, O’hira A, Ishida S, Hoshide M, Ogawa LS, Ozawa Y, Nagasaki K, Inoue M, Katsura H. Posterior synechia of the iris after combined pars plana vitrectomy, phacoemulsification, and intraocular lens implantation. Jpn J Ophthalmol. 45(3):276-80, 2001.

1999年度
Mashima Y, Shinoda K, Ishida S, Ozawa Y, Kudoh J, Iwata T, Oguchi Y, Shimizu N.Identification of four novel mutations of the XLRS1 gene in Japanese patients with X-linked juvenile retinoschisis. Mutation in brief no. 234. Online. Hum Mutat. 13(4):338, 1999.

英文著書
Book Chaptor (English)
Ozawa Y. Oxidative Stress in the RPE and Its Contribution to AMD. Springer Japan. 2014 (book)
Ozawa Y, Sasaki M. Lutein and Oxidative Stress-Mediated Retinal Neurodegeneration in Diabetes. PREEDY Diabetes. 2013, 223-228. (book)
Ozawa Y, Tsubota K, Okano H. Angiogenesis in Response to Hypoxia. Encyclopedia of the Eye (4-volume Set) VISI:00122.2010/06. (book)

国際招待講演
International Symposia - Invited Speakers

Asia ARVO 2015, Yokohama, Japan, 16-19 February 2015
Ozawa Y. Light-dark condition regulates Sirtuins in the retina.
Ozawa Y. Neuroprotection against oxidative stress in the retina.
Ozawa Y. Lutein’s effect to protect the retina.
Ozawa Y. Nutrient Supplement for early AMD.
Fujinami K. Stargardt Disease with Foveal Sparing Phenotype.

The 2nd International Symposium of Blue Light Society, New York, USA, 26-27 June 2015
Ozawa Y. Retinal photo-damage and the underlying mechanisms.

The 9th APVRS (Asia Pacific Vitreo-retina Socoity), Sydney, Australia, 31 July - 2 Aug 2015
Ozawa Y. The use of induced pluripotent stem cells (iPSCs) to reveal pathogenic gene mutations and explore treatments for retinitis pigmentosa.
Fujinami K. Comprehensive clinical and electrophysiological assessment crucial for targeted genetic screening and molecular genetic diagnosis.

The 2015 IOIS Congress, San Francisco, USA, 25-27 September, 2015
Ozawa Y. Neurodegeneration in the diabetic retina.
Ozawa Y. Light-induced inflammation in the underlying mechanism of AMD.

12th International Ocular Inflammation Society Congress, Valencia, Spain, 2014/2/27-2014/3/1.
Ozawa Y. Disruption of cell-cell junctions and induction of pathological cytokines in the retinal pigment epithelium of light-exposed mice.

ARVO annual meeting 2014 (The Association for Research in Vision and Ophthalmology), Orland, FL, USA, 2014/5/4-8
Ozawa Y. Circadian Regulation of Sirtuins in the Eye. Education Course.
Ozawa Y. Management of ME secondary to CRVO Macular edema secondary to Central Retinal Vein Occlusion. CRVO.

Inflammatory mechanisms/oxidative stress, ISOHK-APGC, Hong Kong, 2014/9/26.
Ozawa Y. Oxidative stress in the retina and the pathogenesis.

Autumn meeting of Taiwan Ophthalmology Academy, Taiwan, 2014/10/5.
Ozawa Y. Management of AMD; anti-VEGF and anti-oxidant approaches.
Ozawa Y. Anti-VEGF therapy in DME.

3rd International Conference on Clinical & Experimental Ophthalmology, Chicago/Northbrook, USA, April 15-17, 2013.
Ozawa Y. Renin-Angiotensin System (RAS) involvement in the Oxidative Stress-Induced Impairment of Retinal Neuronal Cells.

1st International Symposium of Blue Light Society, Tokyo, Japan, 2013/6/6-8
Ozawa Y. Disruption of cell-cell junctions and induction of pathological cytokines in the retinal pigment epithelium of light-exposed mice.
Ozawa Y, Narimatsu T, Kazuo T. Disruption of cell-cell junctions and induction of pathological cytokines in the retinal pigment epithelium of light-exposed mice.

INTERNATIONAL RETINA SUMMIT Hong Kong 2013/10/19
Ozawa Y. Disruption of cell-cell junctions and induction of pathological cytokines in the retinal pigment epithelium of light-exposed mice.

Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Annual Meeting: Fort Lauderdale, U.S.A., 2012/5/6-10
Ozawa Y. The Neuroprotective Effect of Lutein in the Retina.

The 27th Asia Pacific Academy of Ophthalmology Congress, Busan, Korea, 2012/4/13-16
Ozawa Y. Oxidative stress and diabetic retinopathy.

The 8th International Symposium of Ophthalmology Hong Kong 2012/12/16
Ozawa Y. Neuroinflammation in the retina and the mechanism of visual function impairment.

The 26th Asia Pacific of Ophthalmology Congress, Sydney, Australia, 2011/3/20-24
Ozawa Y. Involvement of renin-angiotensin system with neuronal dysfunction in diabetic retinopathy.

The 11th International Ocular Inflammation Society Congress, Goa, India, 2011/11/15
Ozawa Y. Inflammatory Signals in the Pathogenesis of Diabetic Retinopathy.

The 24th Asia-Pacific Academy of Ophthalmology Congress, Beijing, China, 2010/9/16-20
Ozawa Y. Oxidative stress and diabetic retinopathy.

国際学会
International Meetings

2015年度
Asia ARVO 2015, Yokohama, Japan, 16-19 February 2015
Kamoshita M, Kurihara T, Nagai N, Osada H, Kobayashi S, Tsubota K, Ozawa Y. Lutein’s effect on repairing the tight junction of the retinal pigment epithelium induced by light exposure.
Narimatsu T, Negishi K, Hirasawa M, KuriharaT, Tsubota K, Ozawa Y. Blue light induces inflammatory marker expression in the retinal pigment epithelium-choroid.
Osada H, Okamoto T, Miyake S, Kobayashi S, Tsubota K, Ozawa Y. Neuro-protective effect of bilberry extract on the light-induced retinal degeneration in vivo.

ARVO annual meeting 2015 (The Association for Research in Vision and Ophthalmology), Denver, Colorado, USA, 3-7 May 2015
Kawashima H, Osada H, Okamoto T, Ban N, Kamoshita M, Kurihara T, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y. Light-induced retinal degeneration and AMPK.
Okamoto T, Kamoshita M, Osada H, Toda E, Kurihara T, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y. Neuroprotective effect of rapamycin in the retina.

Euretina, Nice, France, 17-20 September 2015
Tomita Y, Kurihara T, Uchida A, Nagai N, Shinoda H, Tsubota K, Ozawa Y. Wide-Angle Viewing System versus Conventional Indirect Ophthalmoscopy for Scleral Buckling.

2014年度
World Ophthalmology Congress 2014 Tokyo, Japan, 2014/4/2-6.
Narimatsu T, Nagai N, Kurihara T, Tsubota K, Ozawa Y. Influence of Renin-Angiotensin System on the Light-Induced Retinal Degeneration.
Nagai N, Kubota S, Tsubota K. Ozawa Y. Resveratrol Prevents Choroidal Neovascularization Development by Modulating the AMP-Activated Protein Kinase-NF kB Axis.
Tomita Y, Nagai N, Suzuki M, Sasaki M, Ozawa Y. Evaluation of Functional Visual Acuity in Advanced Age-Related Macular Degeneration with Good Visual Acuity.
Ozawa N, Nagai N, Mochimaru H, Tsubota K, Ozawa Y. A Case of Corneal Infiltration after Intravitreal Injection of Bevacizumab.
Okamoto T, Izumi-Nagai K, Kurihara T, Tsubota K, Ozawa Y. A Case of Macular Hole Developed During Follow-Up Period of Age-Related Macular Degeneration after Anti-Vascular Endothelial Growth Factor Therapy.
Sonobe H, Shinoda H, Uchida A, Tsubota K, Ozawa Y. Usage of Functional Visual Acuity System after Macular Hole Surgery.

ARVO annual meeting 2014 (The Association for Research in Vision and Ophthalmology), Orland, FL, USA, 2014/5/4-8
Fujinami K, Zernant J, Ozawa Y, Tsubota K, Robson AG, Holder GE, Webster AR, Alikmets R, Michaelides M, Moore AT. Clinical and Genetic Characteristics of Childhood-onset Stargardt Disease.
Kamoshita M, Miyake S, Kobayashi S, Kurihara T, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y. Protective effect of lutein on the light-induced disruption of the cell-cell junction in the retinal pigment epithelium.
Ban N, Inaba T, Miyake S, Tsubota K, Ozawa Y. Analysis of SIRT3 function in the mouse retina.

ISCEV Symposium 2014 (International Society of Clinical Electrophysiology and Vision), Boston, MA, USA, 2014/7/20-24.
Fujinami K, Zernant J, Ozawa Y, Tsunoda K, Tsubota K, Robson AG,, Alikmets R, Michaelides M, Moore AT, Holder GE. Clinical and Genetic Characteristics of Childhood-onset Stargardt Disease.

ASRS 32nd Annual Meeting, San Diego, California, USA, 2014/8/9-13.
Kurihara T, Shinoda H, Yagihashi M, Uchida A, Inoue M, Takashi Koto T, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y. Levels of immunoglobulins (Igs) in hematological malignancy-associated central retinal vein occlusion

2013年度
Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Annual Meeting: Washington State Convention & Trade Center Seattle, USA, 2013/5/5-9
Hirasawa M, Endo M, Kamoshita M, Miyake S, Narimatsu T, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y. Involvement of Angiopoietin-like 2 in Laser-induced Choroidal Neovascularization.
Sasaki M, Kawashima M, Kawasaki R, Kawai M, Uchida A, Koto T, Mochimaru H, Shinoda H, Jie Jin Wang, Tsubota K, Ozawa Y. Associations of Serum Lipids with Macular Morphology in Patients without Diabetic Macular Edema.
Ban N, Inaba T, Miyake S, Tsubota K, Ozawa Y. Light-dark Condition Regulates Sirtuin Genes in the Retina.
Suzuki M, Nagai N, Izumi-Nagai K, Shinoda H, Koto T, Uchida A, Mochimaru H, Yuki K, Tsubota K, Ozawa Y. Baseline characteristics and response to intravitreal ranibizumab therapy for age-related macular degeneration.
Kamoshita M, Kubota S, Yuki K, Miyake S, Nagai N, Umezawa K, Tsubota K, Ozawa Y. AMPK-NF-kB axis modulates visual function during inflammation.
Narimatsu T, Ozawa Y, Miyake S, Kubota S, Hirasawa M, Nagai N, Shimmura S, Tsubota K. Disruption of cell-cell junctions and induction of pathological cytokines in the retinal pigment epithelium of light-exposed mice.

1st International Symposium of Blue Light Society, Tokyo, Japan, 2013/6/6-8
Narimatsu T, Ozawa Y, Miyake S, Kubota S, Yuki K, Nagai N, Tsubota K. Biological effects of blocking blue and over visible light on the mouse retina.

Asia Pacific Vitreo-retina Society Congress, Nagoya. 2013/12/5-7
Tomita Y, Nagai N, Suzuki M, Sasaki M, Tsubota K, Ozawa Y. Evaluation of functional visual acuity in advanced age-related macular degeneration with good visual acuity.

2012年度
World Ophthalmology Congress, Abu Dhabi, 2012/2/16-2/20
Ozawa Y. Neuroprotective response after photodynamic therapy: Role of vascular endothelial growth factor.

Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Annual Meeting: Fort Lauderdale, U.S.A., 2012/5/6-10
Yuki K, Miyake S, Yoshida T, Tsubota K, Ozawa Y. Protective Role of Superoxide Dismutase 1 in the retina against NMDA-induced neurotoxicity.
Miyake S, Takahashi N, Sasaki M, Kobayashi S, Tsubota K, Ozawa Y. Lutein-rich Marigold Extract Induces Gene Expression Of Phase II Antioxidants In The PC12D Neuronal Cells.
Narimatsu T, Kubota S, Ogawa T, Miyake S, Nagai N, Ozawa Y, Tsubota K. Retinal Cell Damage by Exposure to Short-wavelength Light.
Ban N, Miyake S, Takahashi N, Tsubota K, Ozawa Y. Sirt3 Expression In Ocular Tissues Of Mouse.
Suzuki M, Kubota S, Hirasawa M, Miyake S, Noda K, Tsubota K, Kadonosono K, Ishida S, Ozawa Y. Histological Changes After Photodynamic Therapy (PDT) Combined With Anti-vascular Endothelial Growth Factor (VEGF) Therapy In The Mouse Retina.
Hirasawa M, Endo M, Miyake S, Narimatsu T, Kubota S, Suzuki M, Ishida S, Tsubota K, Oike Y, Ozawa Y. Association of Angiopoietin-like Protein 2 with Inflammatory Signals in the Human Retinal Pigment Epithelium.
Kamoshita M, Yuki K, Kubota S, Hirasawa M, Narimatsu T, Nagai N, Tsubota K, Ozawa Y. The Protective Effect of AICAR on the Neural Retina during Inflammation in mice.
Sasaki M, Kawasaki R, Uchida A, Koto T, Mochimaru H, Shinoda H, Tien Y. Wong, Tsubota K, Ozawa Y. Associations Between Early Signs Of Age-related Macular Degeneration (AMD) And Risk Of AMD In The Fellow Eye In Patients With Unilateral AMD.

International Society for Stem Cell Research (ISSCR) 10th annual meeting, Pacifico Yokohama, Yokohama, Japan. 2012/6/13-6/16.
Yoshida T, Ozawa Y, Hirabayashi Y, Suzuki K, Mitani K, Kobayashi T, Ohyama M, Amagai M, Okada Y, Akamatsu W, Tsubota K, Shimmura S, Okano H. An analysis of the mechanisms of degradation of photoreceptor cells in a retinitis pigmentosa patient using iPS cells.

2011年度
Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Annual Meeting: Fort Lauderdale, U.S.A., 2011/5/1-6
Hirasawa M, Noda K, Suzuki M, Ozawa Y, Tsubota K, Ishida S. Cytokine regulation of transcriptional factor snail in human retinal pigment epithelium.
Kubota S, Ozawa Y, Kurihara T, Sasaki M, Yuki K, Miyake S, Noda K, Ishida S, Tsubota K. Resveratrol attenuates diabetes-induced retinal inflammation by regulating an AMP-activated protein kinase/nuclear factor-kB axis.
Miyake S, Takahashi N, Kobayashi S, Tsubota K, Ozawa Y. Oral administration of bilberry extract reduces retinal inflammation and protects visual function in mice.
Narimatsu T, Kubota S, Miyake S, Hirasawa S, Kurihara T, Ishida S, Ozawa Y, Tsubota K. Translocation of beta-catenin in the retinal pigment epithelium after light-exposure.
Sasaki M, Yuki Y, Kubota S, Miyake S, Kobayashi S, Ishida S, Tsubota K, Ozawa Y. Neuroprotective effect of an antioxidant lutein in the diabetic retina.
Suzuki M, Ozawa Y, Kubota S, Hirasawa M, Miyake S, Narimatsu T, Noda K, Tsubota K, Kadonosono K, Ishida S. Role of vascular endothelial growth factor induced by photodynamic therapy.
Yoshida T, Koizumi H, Yuki K, Hirabayashi Y, Suzuki K, Mitani K, Tsubota K, Shimmura S, Ozawa Y, Okano H. A gene therapy for a gene mutation in human iPS cell using helper-dependent adenoviral vector.
Yuki K, Ozawa Y, Yoshida T, Tsubota K, Okano H. Isolation of retinal progenitor cells Derived from mouse iPS cells transfected with a promoter-Rx-DsRed.

2010年度
Global COE Program Symposium 2010, Education and Research for Stem Cell Medicine Tokyo, Japan, 2010/2/25-26
Yoshida T, Koizumi H, Yuki K, Suzuki K, Mitani K, Tsubota K, Shimmura S, Ozawa Y, Okano H. A gene therapy for a patient with a familial neurodegenerative disease using iPS cell.

Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Annual Meeting: Fort Lauderdale, U.S.A., 2010/5/2-6
Ebinuma M, Kurihara T, Omoto M, Noda K, Kubota S, Ozawa Y, Shimmura S, Ishida S, Tsubota K. Yellow intraocular lens implantation prevents light-induced retinal damage in mice.
Hirasawa M, Noda K, Suzuki M, Ogawa Y, Ozawa Y, Tsubota K, Ishida S. Localization of transcriptional factors associated with epithelial-mesenchymal transition in choroidal neovascularization.
Kubota S, Kurihara T, Noda K, Ozawa Y, Oike Y, Ishida S, Tsubota K. Resveratrol suppresses ocular inflammation in the diabetic retina.
Kurihara T, Kubota Y, Ozawa Y, Noda K, Johnson RS, Goda N, Ishida S, Tsubota K, Suda T, Okano H. von Hippel-lindau tumor suppressor protein is required for transition from embryonic to adult circulatory system in retina.
Narimatsu T, Kurihara T, Kubota S, Ishida S, Ozawa Y, Tsubota K. Regulation of oxidative stress in light-induced retinal degeneration.
Sasaki M, Ozawa Y, Kurihara T, Kubota S, Yuki K, Noda K, Kobayashi S, Tsubota K. Neuroprotective effect of an antioxidant lutein in light-induced retinal degeneration.
Suzuki M, Noda K, Kubota S, Hirasawa M, Ozawa Y, Tsubota K, Mizuki N, Ishida S. Eicosapentaenoic Acid Suppresses Ocular Inflammation in Endotoxin-Induced Uveitis.
Yoshida T, Koizumi H, Yuki K, Tsubota K, Okano H, Ozawa Y. Purification of iPS cells derived from a retinitis pigmentosa patient from feeder cells.
Yuki K, Yoshida T, Kurihara T, Kubota S, Sasaki M, Noda K, Ishida S, Ozawa Y, Tsubota K. Superoxide dismutase 1 -/- mice as a model of normal-tension glaucoma.

Gordon Research Conference: Biology of Aging. Las Diablerets, Switzerland, 2010/8/22-27
Kubota S, Kurihara T, Ebinuma M, Kubota M, Yuki K, Sasaki M, Noda K, Ozawa Y, Oike Y, Ishida S, Tsubota K. Resveratrol prevents light-induced retinal degeneration via suppressing activator protein-1 activation.
Kurihara T, Kubota Y, Ozawa Y, Suda T, Okano H, Tsubota K. Spatial distribution of VEGF establishes proper retinal vascular patterning via VHL/HIF-1 pathway.

The 16th lnternational Conference of the lnternational Society of Differentiation Nara, Japan, 2010/11/15-18
Yoshida T, Koizumi H, Yuki K, Kubota S, Hirabayashi Y, Suzuki K, Mitani K, Kobayashi T, Ohyama M, Amagai M, Okada Y, Akamatsu W, Tsubota K, Shimmura S, Ozawa Y, Okano H. A gene therapy for a gene mutation in human iPS cell using helper-dependent adenoviral vector.

2009年度
Gordon Research Conference, Biology of Aging, Venture CA, 2009/2/15-20
Kurihara T, Ozawa Y, Ishida S, Tsubota K. Neurodegeneration via AngiotensinⅡType1 Receptor Signaling in the Retina.

Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) Annual Meeting: Fort Lauderdale, U.S.A., 2009/5/2-7
Satofuka S, Ichihara A, Norihiro Nagai K, Noda K, Ozawa Y, Fukamizu A, Tsubota K, Itoh H, Oike Y, Ishida S. (Pro)renin receptor promotes choroidal neovascularization by dually activating its signal transduction and tissue renin-angiotensin system.

The 9th World Congress on Inflammation at Tokyo, Japan, 2009//7/7
Kubota S, Kurihara T, Noda K, Ozawa Y, Oike Y, Ishida S, Tsubota K. Resveratrol suppresses ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis.

Global COE Summer school KEIO-LUND 2009 at Tokyo, Japan, 2009/8/3
Kubota S, Kurihara T, Noda K, Ozawa Y, Oike Y, Ishida S, Tsubota K. Resveratrol suppresses ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis.

The 4th congress of the Asia-Pacific Vitreo-Retinal Society: Taipei, Taiwan, 2009/11/12-13
Ishida S, Satofuka S, Ichihara A, Nagai N, Noda K, Ozawa Y, Fukumizu A, Oike Y, Itoh H, Tsubota K. Receptor-Associated Prorenin System Contributes to Diabetes-Induced Retinal Inflammation.

OIST Retinal Workshop “The Retina: Neural Stem Cells and Photoreceptor Degeneration” Okinawa, 2009/11/9-11
Ozawa Y, Nakao K, Tsubota K, Yoshimura A, Okano H. SOCS3 is required to temporally fine-tune photoreceptor cells differentiation.
Yoshida T, Kume S, Harada T, Tsubota K, Ozawa Y. Expression of Epiplakin1 in the developing and adult mouse retina.

2008年度
The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) , Annual meeting, Florida, U.S.A. 2008/4/27-5/1
Izumi-Nagai K, Nagai N, Ohgami K, Satofuka S, Ozawa Y, Tsubota K, Ohno S, Oike Y, Ishida S. Inhibition of choroidal neovascularization with an anti-inflammatory carotenoid astaxanthin.
Kubota S, Kurihara T, Noda K, Ozawa Y, Oike Y, Ishida S, Tsubota. Resveratrol suppresses ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis.
Kurihara T, Ozawa Y, Nagai N, Oike Y, Okano H, Tsubota K, Ishida S. AngiotensinⅡType 1 Receptor (AT1R)-Mediated Post-Transcriptional Reduction of Synaptophysin in Neuronal Cells: Mechanism of Neurodegeneration.
Ozawa Y, Nakao K, Kurihara T, Shimazaki T, Shimmura S, Ishida S, Yoshimura A, Tsubota K, Okano H. SOCS3 is required to protect photoreceptor cell function during retinal inflammation.
Sasaki M, Ozawa Y, Kurihara T, Noda K, Imamura Y, Kobayashi S, Ishida S, Tsubota K. Neuroprotective effect of an antioxidant, lutein, during retinal inflammation.
Satofuka S, Ichihara A, Norihiro Nagai N, Noda K, Ozawa Y, Fukamizu A, Tsubota K, Itoh H, Oike Y, Ishida S. (Pro)renin receptor promotes choroidal neovascularization by dually activating its signal transduction and tissue renin-angiotensin system.

XXXI World Ophthalmology Congress (WOC) . Hong Kong, China, 2008/6/30-7/2
Ishida S, Satofuka S, Norihiro Nagai N, Noda K, Ozawa Y, Fukamizu A, Tsubota K, Itoh H, Oike Y, Ichihara A. (Pro)renin receptor promotes choroidal neovascularization by dually activating its signal transduction and tissue renin-angiotensin system.

2007年度
The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) , Annual meeting, Florida, U.S.A. 2007/5/5-9
Koto T, Nagai N, Mochimaru H, Izumi-Nagai K, Satofuka S, Shinoda H, Noda K, Kurihara T, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Ishida S. Anti-inflammatory effect of eicosapentaenoic acid on diabetic retina in vivo and cytokine expression in vitro.
Kurihara T, Ozawa Y, Nagai N, Inoue M, Oike Y, Okano H, Tsubota K, Ishida S. Neuroprotective Effects of Angiotensin ⅡType 1 (AT1R) Receptor Blocker Telmisartan on Early Diabetic Retina.
Mochimaru H, Nagai N, Hasegawa G, Kudo-Saito C, Yaguchi T, Satofuka S, Ozawa Y, Tsubota K, Kawakami Y, Ishida S. Immunization of mice with dendritic cells primed with epitope peptide derived from VEGF receptor 2 supresses choroidal neovascularization.
Nagai N, Oike Y, Izumi-Nagai K, Koto K, Satofuka S, Shinoda S, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Ishida S. Suppression of choroidal neovascularization by inhibiting angiotensin-converting enzyme: minimal role of bradykinin.
Ozawa Y, Nakao K, Shimazaki T, Shimmura S, Kurihara T, Ishida S, Yoshimura A, Tsubota K, Okano H. SOCS3 is required to temporally fine-tune photoreceptor cell differentiation.
Satofuka S, Ichihara A, Nagai N, Koto T, Shinoda H, Ozawa Y, Tsubota K, Itoh H, Oike Y, Ishida S. Nonproteolytically activated prorenin promotes pathologic, but not physiologic, retinal neovascularization.

2006年度
The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) , Annual meeting, Florida, U.S.A. 2006/4/30-5/4.
Izumi K, Nagai N, Ozawa Y, Kurihara T, Inoue M, Tsubota K, Mihara M, Ohsugi Y, Okano H, Ishida S. Suppression of choroidal neovascularization by blocking interleukin-6 receptor signaling.
Koto T, Ouke Y, Nagai N, Satofuka S, Kurihara T, Mochimaru H, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Ishida S. Suppression of endotoxin-induced uveitis by calcium-shannel blockers.
Kurihara T, Ozawa Y, Nagai N, K.Shinoda, Inoue M, Oike Y, Tsubota K, Ishida S, Okano H. Effects of angiotensin Ⅱ type 1 (AT1-R) receptor blocker on retinal neuronal cells in inflammatory status.
Mochimaru H, Koto T, Nagai N, Satofuka S, Shinoda H, Kurihara T, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Ishida S. Suppressive effects of ω-3 fatty acid on choroidal neovascularization.
Nagai N, Oike Y, Izumi K, Urano T, Kubota Y, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Suda T, Ishida S. Angniotension Ⅱ type 1 receptor-mediated inflammation is required for choroidal neovascularization.
Ozawa Y, Kurihara T, Nagai N, Koto T, Satofuka S, Inoue M, Oike Y, Tsubota K, Ishida S, Okano H. STAT3-activation negatively contributes regulation of rhodopsin-expression in adult inflammatory retina.
Satofuka S, Ichihara A, Nagai N, Yamashiro K, Koto T, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Oike Y, Ishida S. Supppression of ocular inflammation in endotoxin-induced uveitis by inhibiting nonproteolytic activation of prorenin.
Shinoda H, Shimoda M, Nagai N, Koto T, Satofuka S, Ozawa Y, Inoue M, Tsubota K, Okada Y, Ishida S. Expression of ADAM28 in proliferative diabetic retinopathy.

2005年度
The Association for Research in Vision and Ophthalmology (ARVO) , Annual meeting, Florida, U.S.A., 2005/5/1-5
Ozawa Y, Nakao K, Shimazaki T, Kurihara T, Tsubota K, Okano H. Downregulation of STAT3 activation is required for presumptive rod photoreceptor cells to differentiate in the postnatal retina.
和文著書・総説
Review Paper (Japanese)

2015年度
小沢洋子. 加齢黄斑変性. 慶應義塾大学病院の医師100人と学ぶ病気の予習帳:2015.
小沢洋子. 網膜光障害と抗酸化アプローチ. 巻頭言. 日本眼科学会雑誌119(2):53-54, 2015.
小沢洋子. III 医師が知っておきたいサプリメント 「3 眼科領域」. 機能性表示食品DATA BOOK :140-142, 2015.
坪田一男, 小沢洋子. 編集主幹 慢性炎症と疾患. 別冊BIO Clinica 4(3), 2015.
小沢洋子. 再生医療 新たな医療を求めて. iPS細胞を用いた網膜色素変性症の治療開発に向けた研究. 日本臨床増刊号No.1080:401-405, 2015.
小沢洋子. 網膜光障害と抗酸化アプローチ. 日本眼科学会雑誌119 (2):53-54, 2015.
小沢洋子. 特集 眼疾患と炎症 総論  眼の炎症は視機能を決める. 別冊BIO Clinica慢性炎症と疾患 4(3):10-11, 2015.
小沢洋子. 特集 着色IOL 光による網膜障害. IOL&RS 29(1):3-6, 2015.
小沢洋子. ブルーライトによる眼,全身への影響. 医学のあゆみ253(2):149-153, 2015.
小沢洋子. 特集 網膜分野の未来予想図  網膜分野の研究はどのように進むか?  抗血管療法の発展の歴史をふまえ、神経保護療法の開発に挑む. Retina Medicine 4 (1):20-24, 2015.
小沢洋子. 特集 大規模臨床試験一挙紹介 Overview(序). Retina Medicine 4 (2):7, 2015.
藤波芳. 小沢洋子. 羞明・昼盲の鑑別疾患. 眼科57(4): 328-344, 2015.

2014年度
小沢洋子. iPS細胞を用いた網膜色素変性症の治療開発に向けた研究. Ⅱ臨床応用を目指した基礎研究, 再生医療 日本臨牀 増刊号. 株式会社 日本臨牀社 401-405, 2015.
成松俊雄、小沢洋子. 『光曝露による色素上皮細胞のサイトカイン誘導と加齢黄斑変性』Light – induced cytokines with age – related macular degeneration in the retinal pigment epithelium. あたらしい眼科
小川葉子, 小沢洋子. 全身性・Purtchser網膜症 専門医のための眼科診療クオリファイ21 眼救急疾患スクラテンブルシリーズ 総集編 大鹿哲郎, 大橋裕一, 坂本泰二 初版第一刷 中山書店 東京 264-268, 2014.

2013年度
坪田一男, 根岸一乃, 芝大介, 吉野真未, 藤島浩, 小沢洋子, 小川葉子, 小川旬子. 外来で診る眼科疾患. 慶應義塾大学薬学部 薬剤師継続学習通信講座 第Ⅳ講座 薬学科4学年講義「疾患と薬物治療」
小沢洋子. 網膜移植の現状 腎と透析 6(75):865-868 2013.

2012年度
小沢洋子. 「レスベラトロールの基礎と応用」第8章CRM (caloric restriction mimetics) としての作用とメカニズム. シーエムシー出版, 76-85, 2012.
小沢洋子. 特集「眼科で使えるサプリメント」第1章EPA/DHA. 眼科7(54), 2012.
小沢洋子. 「食品と疾病―ルテイン」5.眼におけるルテインの効果とそのメカニズム. Functional Food 19号, 2012.
小沢洋子. 「臨床において必要なサプリメントの知識」あたらしい眼科Vol.29(8):1-2, 2012.
小沢洋子. 「ぶどう膜炎を斬る! 所見から見るぶどう膜炎滲出性網膜剥離の鑑別診断.」 眼科診療クオリファイ13,2012.
小沢洋子.「V. 眼底疾患」 6. 加齢黄斑変性とその前駆病変. 眼科 眼科薬物療法,2012.
成松俊雄, 小沢洋子, 坪田一男. 「ブルーライトと眼」週刊日本医事新報 No.4623(12/1号):48-49, 2012
小沢洋子. 「眼のエイジング・サイエンス」アンチ・エイジング医学12月号, 2012.
小沢洋子. 「高齢者の視覚障害とそのケア」網膜の再生. 長寿科学研究業績集, 2012.
結城賢弥. 「緑内障手術とEBM」トラベクレクトミー合併症のEBM 眼科手術 VOL.25 No.1, 33-37, 2012.
結城賢弥. 「高浸透圧薬」眼科診療クオリファイ11. 緑内障薬物治療ガイド:183-186, 2012.
三宅誠司. 「レスベラトロールの基礎と応用」 第9章レスベラトロールの抗酸化作用  シーエムシー出版, 87-97, 2012.

2011年度
小沢洋子. 抗VEGF療法(Pegaptanib). 専門医のための眼科診療クオリファイ4. 加齢黄班変性:診断と治療の最先端. 2011/4/13
小沢洋子. 新生血管に対する抗VEGF療法 Pharma Medica 特集「加齢黄班変性」.
小沢洋子. Pharma Medica 老年医学2011年4月号 特集「加齢黄班変性の診断治療の最近の進歩」Topics. 加齢黄班変性と酸化ストレス制御.
小沢洋子, 坪田一男. キサントフィル生体調節機能に着目した健康長寿に役立つ高機能型農産物創出のための研究開発. 日本抗加齢医学会雑誌7(6):847, 2011
佐々木真理子, 小沢洋子, 坪田一男. 「サプリメント」. 眼科診療クオリファイ4. 加齢黄班変性:診断と治療の最先端:182-186, 2011

2010年度
小沢洋子. 網膜神経保護療法の開発に向けて. 「眼科医のための先端医療」あたらしい眼科27(11) 2010.
小沢洋子. スポーツ選手がデイゲームで眼周囲を黒く塗るのはどういう効能があるのか? 眼のサイエンス 視覚の不思議 2010/4/12
小沢洋子. ぶどう膜炎. 新眼科レジデント・戦略ガイド 2010/3/25
小沢洋子. 「新生血管に対する抗VEGF療法」Pharma Medica

2009年度
小沢洋子. STAT3/SOCS3経由は網膜視細胞の分化のタイミングを制御する. 慶應医学. 85(2)179-184, 2009
小沢洋子. 「網膜疾患」 外来で診る眼科疾患. 35-50, 2009
小沢洋子. 「大学・病院医師と開業医の関係」 眼科研修ノート. 69-71, 2009
小沢洋子. 「指導医との関係」 眼科研修ノート. 72-74, 2009
小沢洋子. 「MR (医療情報従事者) との関係」 眼科研修ノート. 75-77, 2009
小沢洋子. 「ルテイン」 フードファクターと眼. からだの科学. 135-138, 2009

2007年度
小沢洋子. 細菌性眼内炎.l.感染性眼内炎症疾患. 「眼内炎症診療のこれから」. 眼科プラクティス16:68-73, 2007.

2005年度
小沢洋子, 榛村重人, 坪田一男. 臨床への展開 眼の再生医療. ティッシュエンジニアリング 2005:165-170, 2005.

2004年度
小沢洋子. 網膜再生-未分化細胞を増殖させ、分化誘導する. 医学の歩み 211(10):920-925, 2004.

和文著書・執筆・編集
Book/Chapters

和文著書
小沢洋子. 第1章 眼科研修へのアドバイス 5 大学・病院医師と開業医の関係. 眼科研修ノート改定第2版: 70-72, 2015.
小沢洋子. 第1章 眼科研修へのアドバイス 6 指導医との関係. 眼科研修ノート改定第2版: 73-75, 2015.
小沢洋子. 第1章 眼科研修へのアドバイス 7 MR(医療情報従事者)との関係. 眼科研修ノート改定第2版: 76-77, 2015.
小沢洋子. 第一特集 6患者さんへの生活指導. 眼科ケア17(6):46-52, 2015.
小沢洋子. ES細胞由来の網膜色素上皮細胞移植による中長期安全性と有効性. MMJ Vol.11(No.6): 336-337, 2015.
小沢洋子. 抗VEGF治療セミナー, 3 マクジェンの特徴. あたらしい眼科 Journal of the Eye Vol. 31 No.4 537-538. 2014.
小沢洋子, 坪田一男.先進医療NAVIGATORⅡ再生医療・がん領域の実用化へのTOPICS. Ⅱ. 診療科各科と再生医療の最前線 10眼科と再生医療. 122-124, 2014.
小沢洋子. 第2回日本人のヒット論文 –本音で語る苦労話- 糖尿病網膜症における(プロ)レニン受容体の血管新生活動性への関与. RETINA Medicine 1(2):83-90, 2013.
小沢洋子. 注目のイチオシ論文 –やさしく解説- No.2 視細胞移植による視機能回復. RETINA Medicine 1(2):80-82, 2013.
結城賢弥, 小沢洋子. 特集 炎症と網膜関連疾患の関与を探る 「緑内障」. RETINA Medicine 1(2):46-50, 2013
小沢洋子、坪田一男. 先端医療 NEVIGATOR 第3章再生医療 6 iPS細胞を網膜の再生医療. 105-107, 2013.
坪田一男、根岸一乃、芝大介、吉野真未、藤島浩、小沢洋子、小川葉子、小川旬子. 外来で診る 眼科疾患. 慶應義塾大学薬学部 薬剤師継続学習通信講座 第Ⅳ講座 薬学科第4学年講義「疾患と薬物治療」
稲葉隆明、小沢洋子、坪田一男. Cutting Edgeコーナー「長寿遺伝子SIRT1アップデート」Medical Science Digest Vol.39 No.5 2013.
永井紀博,坪田一男.ホウレンソウ・ケール等に含まれるルテインの加齢黄斑変性,ドライアイに対する作用.内分泌・糖尿病・代謝内科 36(4):276-281,2013.
小沢洋子. 「特集 臨床において必要なサプリメントの知識」あたらしい眼科Vol.29(8):1027-1073, 2012.
小沢洋子. 再生に向けたヒト人工多能性幹細胞を用いた網膜色素変性症の病態解明. RPあぁるぴぃ88 JRPS(8), 2010.
結城賢弥. 緑内障セミナー「交通事故と緑内障」 あたらしい眼科 Vol.32 (6) 837-838, 2015.
結城賢弥. 「緑内障患者への生活指導(食事、運動、運転など)」Medical View Point Vol.35 No.12 2015.

和文執筆・編集
小沢洋子. 座談会  網膜研究・診療の未来予想図. 先端医学社, Retina Medicine 4 (1). 2015.
小沢洋子. 連載 日本人のヒット論文 本音で語る苦労話インタビュー対談 第6回 後眼部へのポリマー性経強膜マルチドラッグデリバリーデバイス. 先端医学社, Retina Medicine 4 (1). 2015.
小沢洋子. 連載 日本人のヒット論文 本音で語る苦労話インタビュー対談 第7回 加齢黄斑変性発症にかかわるアジア人特有の遺伝子変異. 先端医学社, Retina Medicine 4 (2). 2015.
小沢洋子. アグレッシブルーム  感覚器における予防医療. メディカルレビュー社, 予防医療アグレッシブ 2 (3). 2015.
石田晋, 小沢洋子, 近藤峰生, 中澤徹, 平見恭彦, 藤波芳, 安川力, 山城健児. 網膜研究・診療の未来予想図. 先端医学社, Retina Medicine 4 (1). 2015.
小沢洋子. 「Retina Medicine」座談会 ラボのマネージメントの実際を語る –魅力的なラボづくりに向けて-. RETINA Medicine 1(2):1-7, 2013
小沢洋子. 注目のイチオシ論文 –やさしく解説- 胎生期のメラノプシン依存性光応答はマウスにおける眼の発生を制御する. RETINA Medicine 2(2):73-74, 2013.
小沢洋子. 第3回日本人ヒット論文 –本音で語る苦労話- 継続的な光照射ストレスと続発するMCP-1活性化は加齢黄斑変性の原因因子となる. RETINA Medicine 2(2):75-81, 2013.
小沢洋子. ブルーライトについて. 健康教室 第757集 66-68. 2013.
小沢洋子. 学会を終えて「第116回日本眼科学会総会」日本眼科医療機器協会 vol.67
小沢洋子. Retina施設めぐり「研究室編 慶應義塾大学医学部眼科学教室」Retina Medicine 10(1),2012.
小沢洋子. 記事. 薬事日報社大阪支社 加齢黄班変性とサプリメント.
小沢洋子. 眼科ケア インフォームドコンセント・セカンドオピニオン.
久保田俊介、小沢洋子. 坪田一男. Functional Food 15 医農連携と機能性食品3 肥満と糖尿病 網膜症を気にする人に機能性食品は役に立ちますか?.
小沢洋子. 糖尿病網膜症の疑いといわれましたが, 自覚症状はありません。通院を続ける必要はありますか?患者さんから浴びせられる眼科疾患100の質問:154-155, 2008
小沢洋子. 野菜の色素が眼を守る. 眼科ケア 10:73-76, 2008
小沢洋子. 慶應義塾大学医学部眼科学教室紹介. 「勤務医のページ」. 日本の眼科78:1739-1740, 2007.

国内招待講演
Domestic Symposiums

2015年度
小沢洋子. Light-dark condition regulates Sirtuins in the retina. 北海道大学. 札幌. 2015/2/9
小沢洋子. Neuroprotection against oxidative stress in the retina. 北海道大学. 札幌. 2015/2/9
小沢洋子. 光暴露によるRPE・脈絡膜の病的変化. 第119回日本眼科学会総会 シンポジウム 加齢黄斑変性発症の分子メカニズムと予防戦略. 札幌. 2015/4/16-19.
小沢洋子. 眼科基礎研究スキルトランスファー1 続々・基本戦術とスキルを身につけよう タンパク・遺伝子産物解析法のABC. 第119回日本眼科学会総会 シンポジウム 加齢黄斑変性発症の分子メカニズムと予防戦略. 札幌. 2015/4/16-19.
小沢洋子. Biological influence of blue light. 清泉インターナショナルスクール. 東京. 2015/4/24.
小沢洋子. 最近の網膜変性疾患に対するアプローチ iPSテクノロジーの応用. JRPS. 滋賀. 2015/5/24.
小沢洋子. 加齢性網膜疾患に対するルテインの効果. 第15回日本抗加齢医学会総会シンポジウム 8 感覚器老化に対するantioxidant の効果. 福岡. 2015/5/29-31.
小沢洋子. 眼科医療におけるサプリメントの可能性. 第15回日本抗加齢医学会総会ランチョンセミナー 機能性表示制度で変わる!眼科領域におけるエイジングサプリメント. 福岡. 2015/5/29-31.
小沢洋子. RVO/DMEと抗VEGF療法. Novartis STEP. 東京. 2015/6/7.
小沢洋子. RVO/DMEと抗VEGF療法. Novartis STEP. 横浜. 2015/6/21.
小沢洋子. 私のバックリング~ホントの初心者のための工夫. 第11回眼科手術の寺子屋東京. 2015/7/2.
小沢洋子光による網膜病態のメカニズム. 第37回日本光医学・光生物学会ランチョンセミナー. 宮崎. 2015/7/17-18.
小沢洋子. 加齢性網膜病態とNeuroinflammation. 第36回日本炎症・再生医学会シンポジウム. 東京. 2015/7/21-22.
小沢洋子. 光による網膜病態のメカニズム. 中国四国眼科医会講習会. 徳島. 2015/7/26.
小沢洋子. RVO/DMEと抗VEGF療法. Novartis STEP. 大阪. 2015/8/5.
小沢洋子. 網膜静閉塞症とVEGF療法(Retinal Vein Occlusion). 参天製薬株式会社社内勉強会. 東京. 2015/8/5.
小沢洋子. 糖尿病黄斑浮腫 VEGF阻害剤による治療戦略. バイエル薬品株式会社黄斑疾患セミナー. 札幌. 2015/8/30.
小沢洋子. ルテインと黄斑色素密度. 株式会社わかさ生活 眼抗加齢研究会ランチョンセミナー. 東京. 2015/9/16.
小沢洋子. 加齢黄斑変性に対する治療戦略. 第82回香川大学眼科研究会. 香川. 2015/10/3.
小沢洋子. RVO/DMEと抗VEGF療法. Novartis STEP. 東京. 2015/10/17.
小沢洋子. ルテインの生物学的重要性. 参天製薬株式会社モーニングセミナー. 第69回臨床眼科学会. 名古屋. 2015/10/22-25.
小沢洋子. AMD診療の実際 現場で必要な基礎知識. Novartis STEP. 大宮. 2015/11/14.
小沢洋子. RVO/DMEと抗VEGF療法. Novartis STEP. 多摩. 2015/11/18.
小沢洋子. RVO/DMEと抗VEGF療法. Novartis STEP. 京都. 2015/12/11.
小沢洋子. 私のバックリング~ホントの初心者のための工夫. 第11回眼科手術の寺子屋 東京 2015/7/2.

2014年度
小沢洋子. RVOに伴う黄斑浮腫. 第13回Macular Image Conference(MIC), 東京, 2014/1/27.
小沢洋子. これからの加齢黄斑変性(AMD)治療-適切な治療プロトコールを求めて-. 第3回 福岡 Macula Study, 福岡, 2014/1/31.
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD)の予防を考える Age-Related Eye Disease Study 2 (AREDS2)の結果を受けて. PreserVision2 発売記念講演会, 2014/2/21.
小沢洋子. DMEに対する抗VEGF療法. Midtown Retina Club パネルdiscussion DME, 2014/2/22.
小沢洋子. 網膜疾患とiPS細胞 加齢黄斑変性と網膜色素変性症.草加市 八潮市医師会, 埼玉, 2014/3/12.
小沢洋子. ルテインの生物学的重要性~基礎と臨床~. 加齢黄斑変性の最新の知見と予防的戦略, 第118回日本眼科学会総会,東京, 2014/4/3.
小沢洋子. 美しい免疫染色とウエスタンブロットのために. 眼科基礎研究スキルトランスファー1 ~続・基本戦術とスキルを身につけよう~, 第118回日本眼科学会総会, 東京, 2014/4/4.
小沢洋子. 健康産業のニーズ 眼の健康とルテインの関係. 慶大藤沢キャンパス ヘルスサイエンスシリーズ, 2014/4/7.
小沢洋子. 網膜静脈閉塞症(RVO)に伴う黄斑浮腫に対する抗VEGF療法への期待. 第133回広島県眼科医会講習会, 広島, 2014/4/20.
小沢洋子. 東京黄斑 panel discussion2. 東京, 2014/5/24.
小沢洋子. 光が網膜にもたらす効果. 第12回COSMOS, 埼玉, 2014/5/30.
小沢洋子. ルテインによる加齢黄斑変性の予防効果. 第14回日本抗加齢医学会総会ランチョンわかさ生活,『眼のエイジングをサプリメントでサポートしよう!』, 大阪, 2014/6/6
小沢洋子. ブルーライトカットが網膜視細胞に及ぼす効果. 第4回ブルーライト研究会, 東京, 2014/6/14.
小沢洋子. 糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法. 第48回日本眼炎症学会 モーニングセミナー, 東京, 2014/7/6.
小沢洋子. 糖尿病黄斑浮腫に対する抗VEGF療法. DME座談会, 東京, 2014/8/9.
小沢洋子. 過剰な光は眼を障害する. 日本美容医療協会レーザー講習会, 東京, 2014/9/3.
小沢洋子. 網膜への影響. 第8回眼抗加齢医学研究会ブルーライト, 東京, 2014/9/14.
小沢洋子. 抗VEGF療法の適応と効果. Novartis STEP 慶應2014, 東京, 2014/9/17.
小沢洋子. RVO/DMEと抗VEGF療法. Novartis STEP, 東京,2014/10/25.
小沢洋子. AMD & mCNV. Novartis STEP, 東京,2014/10/26.
小沢洋子. 黄斑疾患にOCTを活用する. 第4回 症例に学ぶOCT研究会, 東京, 2014/12/3.
小沢洋子. ルテインと網膜疾患. カロテノイド, 第12回日本機能性食品医用学会総会、京都、2014/12/13-14
藤波芳. 黄斑ジストロフィ ~機能・構造異常からみる病態生理~. シンポジウムII「機能と構造の評価、その最前線」第3回日本視野学会学術集会、東京、2014/6/29.
永井紀博. 慶應義塾大学病院における抗VEGF療法. ノバルティスティスファーマ株式会社研修会, 東京, 2014/6/19.
永井紀博. 無治療のポリープ状脈絡膜血管症(PCV)に対するラニビズマブ、アフリベルセプト硝子体内注射の1年成績. AMD Expert Clinical Conference, 東京, 2014/7/13.
永井紀博. 当院の救急外来で必要とされる眼・視覚系疾患の診方. 慶應義塾大学病院平成26年度初期臨床研修ランチョンセミナー, 東京, 2014/10/2.
永井紀博. 黄斑疾患、私の取り組み 網膜中心静脈閉塞症 -抗VEGF薬の使い方-.第62回日本臨床視覚電気生理学会モーニングセミナー, 東京, 2014/10/4.

2013年度
小沢洋子.「糖尿病網膜症と神経保護」第14回琉球眼フロンティア 沖縄 2013/1/9
小沢洋子. 「最近の治療up-date加齢黄斑変性(AMD)」第36回日本眼科手術学会総会 ランチョンセミナー1 福岡 2013/1/25
小沢洋子.「VIEW1 & 2」アイリーア座談会 東京 2013/2/9
小沢洋子.「VEGF受容体の生物活性とaflibercept」アイリーア発売記念講演 東京 2013/2/9
小沢洋子.「網膜変性疾患の治療の展望」浜松眼科フォーラム 静岡 2013/3/15
小沢洋子.「ルセンティス®の製剤的特性」Novartis学術講演会 東京 2013/3/30
小沢洋子.「眼科基礎研究スキルトランスファー ~基本戦術とスキルを身につけよう~」「免疫染色と分子生物学的解析のABC」第117回日本眼科学会総会 基礎研究のスキルトランスファー 東京 2013/4/5
小沢洋子.「網膜由来の視機能異常Visual function impairment caused by the retinal condition」第117回日本眼科学会総会 モーニングセミナー (参天製薬)「視機能異常の検出と解明!そして将来展望」東京 2013/4/8
小沢洋子.「最近の網膜疾患の治療」埼玉県眼科医会・さいたま赤十字病院懇話会 埼玉2013/4/13.
小沢洋子.「網膜疾患の診断と治療 AMD/ DME/ RVO」ノバルティス ファーマ株式会社 STEP 東京 2013/4/20
小沢洋子.「サプリメントに対する眼科医の意見」第2回日本アントシアニン研究会 東京 2013/5/16
小沢洋子.「眼の疾患の一次予防とルテインの役割」ケミンセミナー 東京 2013/5/17
小沢洋子.「網膜疾患の診断と治療 AMD/ DME/ RVO」ノバルティス ファーマ株式会社 STEP 東京 2013/5/19
小沢洋子.「VEGF受容体の生物活性とアフリベルセプト」九州眼科学会アフタヌーンセミナー 熊本 2013/6/1
小沢洋子.「最近の網膜疾患の治療 ~基礎研究から臨床応用へ~」JRPS 東京2013/6/9
小沢洋子.「最近の網膜疾患の治療 ~基礎研究から臨床応用へ~」JRPS 群馬 2013/6/16
小沢洋子.「眼科医の立場から考える眼の健康とルテインの関係」日邦薬品工業 東京 2013/6/30
小沢洋子.「糖尿病網膜症の治療を考える」第10回自治医科大学付属さいたま医療センター 埼玉県眼科医会 病診連携クリニカル・カンファレンズ 埼玉 2013/7/20
小沢洋子. 「加齢黄斑変性(AMD)診断と治療」ノバルティス ファーマ株式会社STEP 東京 2013/8/19
小沢洋子. 「非感染性ぶどう膜炎」ノバルティス ファーマ株式会社 ぶどう膜炎研究会 東京 2013/9/18
小沢洋子. 「Management of AMD」バイエル薬品株式会社 韓国光州 2013/9/30
小沢洋子. 「Management of AMD」バイエル薬品株式会社 韓国釜山 2013/10/1
小沢洋子. 「糖尿病網膜症の病態と治療」眼科医会 八戸糖尿病談話会 青森 2013/10/4
小沢洋子. 「ブルーライトと網膜障害」第67回日本臨床眼科学会 インストラクションコース「ブルーライト」神奈川 2013/10/31
小沢洋子. 「酸化ストレスと網膜病態 ~網膜神経保護を考える~」第67回日本臨床眼科学会 若手研究者の会 神奈川 2013/11/1
小沢洋子. 「眼の健康を考える」参天製薬株式会社第28回ひとみ・すこやか研修会 東京 2013/11/14
小沢洋子. 「網膜神経保護治療の開発に向けて Ver.3 ―酸化ストレス制御の重要性―」北大眼科リサーチカンファレンス 北海道 2013/11/25
篠田肇.当院での小切開硝子体手術.第1回山梨OphthalmicConference.山梨.2013/3/1
篠田肇.硝子体注射の実際.STEP講習会.東京.2013/8/19
篠田肇.網膜硝子体手術の実際.第2回信濃町OphthalmicConference.東京.2013/10/2
篠田肇.網膜静脈閉塞.Novartis社内講義.東京.2013/10/4
永井紀博.加齢黄斑変性の治療戦略.第131回広島県眼科医会講習会.広島.2013/9/29

2012年度
小沢洋子. AMD診療の実際-OCTを使いこなす- 飯田橋眼科 東京 2012/2/28
小沢洋子. 「網膜再生」の展望 ミッドタウンレチナクラブ 東京 2012/3/3
小沢洋子. Inflammatory Signals in the Pathogenesis of Diabetic Retinopathy 第116回日本眼科学会総会 ARVO-JOS Joint Symposium 東京 2012/4/5-8
小沢洋子. 基礎論文査読のポイント 第116回日本眼科学会総会 スキルトランスファー 東京 2012/4/5-8
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD)診療の理論と実際 第116回日本眼科学会総会 サブスペシャリティーサンデー 東京 2012/4/5-8
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD)の治療の実際 宮崎県眼科医会講習会 宮崎 2012/4/21
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD) AMD患者の会(AMDAI) 2012/5/16
小沢洋子. 眼科医から診た糖尿病性網膜症について 第1回Retina Metabolic 眼科・内科研究会 東京 2012/6/6
小沢洋子. 網膜変性疾患の治療の展望 新潟ロービジョン研究会 新潟 2012/6/9
小沢洋子. 最近の網膜疾患の治療~基礎研究から臨床応用へ~ 日本網膜色素変性症協会(JRPS) 仙台 2012/6/10
小沢洋子. 神経保護としてのルテイン 予防治療にむけた可能性 第12回日本抗加齢学会 イブニングセミナー 横浜 2012/6/22-24
小沢洋子. 網膜とルテイン 網膜疾患予防・視機能保護の可能性 第12回日本抗加齢学会 シンポジウム 横浜 2012/6/22-24
小沢洋子. 光と眼 網膜専門医の関心事 AMO社内講演 2012/7/2
小沢洋子. 糖尿病網膜症における視機能障害のメカニズム 第9回 Shinjyuku Angiotensin Biology Conference 東京 2012/7/12
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD)の治療 現状と近未来 第46回日本眼炎症学会 フォーサム モーニングセミナー 2012/7/16
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD) の病態に基づく診断と診療の実際. ノバルティス ファーマ株式会社社内勉強会 東京 2012/8/29
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD)の診療の実際. 山形県鶴岡市眼科医会 山形 2012/10/6
小沢洋子. 網膜疾患におけるレーザー治療の実際. 両毛地区眼科医会 栃木 2012/10/20
小沢洋子. “酸化ストレスと眼病態” Oxidative stress in the pathogenesis of eye diseases. 第66回日本臨床眼科学会 インストラクションコース4 京都 212/10/25
小沢洋子. AREDSサプリメントに対する意識の実態. 第66回日本臨床眼科学会 ランチョンセミナー ボシュロム 京都 2012/10/26
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD)の治療 早期治療の重要性. 第66回日本臨床眼科学会 ランチョンセミナー ノバルティス 京都 2012/10/27
小沢洋子. 網膜神経保護治療の開発に向けて~網膜疾患から緑内障まで 2~. 北大講演会 カンファレンス 北海道 2012/11/26
結城賢弥. 「緑内障進行のリスク要因」 第116回日本眼科学会総会 サブスペシャリティーサンデー 東京 2012/4/8
結城賢弥. SOD1の自己防御システム. 第23回日本緑内障学会 神経保護 シンポジウム 石川 2012/9/28 
結城賢弥. Viscoadaptive型OVDの使い手になろう! 第66回日本臨床眼科学会 ランチョンセミナー 京都 2012/10/27
永井紀博. レニン・アンジオテンシン系と炎症の抑制による網脈絡膜疾患の制御 -動物モデルによる解析-. 第15回眼科若手研究者の会2012/10/16
厚東隆志. 加齢黄斑変性(AMD)とサプリメント~omega-3脂肪酸とルテインを中心に~. わかもと製薬社内講演会. 東京, 2012/6/26

2011年度
小沢洋子. AMDノバルティス社内講義, 東京, 2011/1/25
小沢洋子. ルテインの網膜神経保護効果, メディカルレチナリーグ, 東京, 2011/2/26
小沢洋子. 組織切片を解析する~免疫染色とin situ hybridization~, 第115回日本眼眼科学会 スキルトランスファー, 東京, 2011/5/12
小沢洋子. 日常診療に必要な加齢黄斑変性の知識, 足立区opeの会, 東京, 2011/5/25
小沢洋子. 加齢黄班変性とサプリメント, 第11回日本抗加齢医学会総会, 分科会共催シンポジウム2「眼科における抗加齢医学の実際」, 京都, 2011/5/27
小沢洋子, 抗酸化サプリメントの可能性を科学する~ルテインの網膜神経保護効果~, メディカルレチナリーグ, 札幌, 2011/7/16
小沢洋子. Neuroprotective response after PDT –Role of vascular endothelial growth factor-, Novartis研究会, 東京, 2011/8/5
小沢洋子. 加齢黄斑変性(AMD)に対する治療を考える, 長野県集談会, 松本, 2011/9/10
小沢洋子. ルテインによる網膜疾患予防・視機能保護の可能性, カロテノイド研究会 招待講演, 筑波, 2011/9/13
小沢洋子. 網膜分野から食品因子への期待 眼科医に必要なサプリメント(食)の基礎知識, 第65回臨床眼科学会インストラクションコース, 東京, 2011/10/10
小沢洋子. 抗VEGF療法アップデート, 慶大眼科症例検討会, 東京, 2011/10/13
小沢洋子. 網膜神経保護治療の開発に向けて~網膜疾患から緑内障まで~, 北大眼科カンファレンス, 札幌, 2011/10/17
小沢洋子. ルテイン, わかもと社内講義, 東京, 2011/11/30
小沢洋子. 糖尿病網膜症に対するあたらしい分子標的療法の可能性~網膜神経保護治療、網膜症予防の観点から, TEAM 2011 3学会合同学会シンポジウム 糖尿病と糖尿病網膜症治療戦略, 東京. 2011/12
小沢洋子. 加齢黄斑変性におけるマクジェン活用の可能性, TEAM 2011 3学会合同学会共催ランチョンセミナー ファイザー, 東京, 2011/12/2

2010年度
小沢洋子. 「処置室における硝子体内注射とMacugen®の使用経験」第33回日本眼科手術学会総会, ランチョンセミナー, 東京, 2010/1/23
小沢洋子. 「最近の網膜疾患の治療 AMD」第5回西東京医師会眼科医会, 東京, 2010/1/26
小沢洋子. 「最近の網膜疾患の治療 ~基礎研究から臨床応用へ~」第9回北海道眼科ワークショップ, 札幌, 2010/3/13
小沢洋子. 「糖尿病網膜症に対する神経保護療法」第18回やまがたDM Meeting, 山形, 2010/8/7
小沢洋子. 「加齢黄斑変性に対する治療を考える」第7回宮城県セミナー, 仙台, 2010/8/28
小沢洋子. スキルトランスファー 基礎実験の手技「信頼される免疫染色」第114回日本眼科学会, 名古屋, 2010/4/15
小沢洋子. 第14回JRPS研究助成金授賞式「再生に向けたヒト人工多能性幹細胞を用いた網膜色素変性症の病態解析」世界網膜の日in京都, 京都, 2010/9/25
小沢洋子. インストラクションコース11 眼科医に必要なサプリメント(食)の基礎知識「網膜分野から食品因子への期待」第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010/11/12
小沢洋子. 「日常診療に必要な 加齢黄斑変性の知識」第6回Sendagi Macula Seminar, 東京, 2010/11/17
小沢洋子. 「AMDの維持療法の考え方」第64回日本網膜硝子体学会・日本糖尿病眼学会総会, ランチョンセミナー, 大阪, 2010/11/26

2009年度
小沢洋子. AMDに対するMacugenの使用経験. 第48回日本白内障学会・第24回日本眼内レンズ屈折手術学会・第45回日本眼光学学会・22nd Asia Pacific Association of Cataract and Refractive Surgery モーニングセミナー, 東京, 2009/6/27
小沢洋子. ランチョンセミナー 加齢黄斑変性に対する抗VEGF製剤Macugen®投与の実情. 第63回日本臨床眼科学会, 福岡, 2009/10/11
小沢洋子. 加齢黄斑変性の診断と治療. 長崎AMD病診連携講演会, 長崎, 2009/10/17
小沢洋子. 加齢黄斑変性の治療~複数の治療法から選択する時代へ~. 平成21年度慶大眼科症例検討会, 東京, 2009/10/22
小沢洋子. 加齢黄斑変性に対する抗VEGF療法. ファイザーテレフォンカンファレンス, 東京, 2009/10/28
小沢洋子. 今さら聞けない、OCT、何が違うの?. 第5回信濃町網膜研究会, 東京, 2009/7/3
小沢洋子. 光障害と酸化ストレス. 第3回眼抗加齢医学研究会, 東京, 2009/11/3

2008年度
小沢洋子. ルテインの神経網膜 保護効果 第2回眼抗加齢医学研究会, 東京, 2008/11/2

その他 Others
小沢洋子.「健康産業のニーズ 眼の健康とルテインの関係」SFC講義 神奈川 2013/7/1
小沢洋子. ルテイン・レスベラトロール 網膜疾患予防・視機能保護の可能性. 湘南藤沢キャンパス講義, 神奈川, 2012/6/11
小沢洋子. 網膜疾患に対する治療戦略. 慶應義塾大学薬学部大学院薬学研究科 生涯学習 公開講座 神奈川 2012/9/30

国内学会
2015年度
第69回日本臨床眼科学会 名古屋 2015/10/22-10/25
佐藤真理、鴨下衛、永井紀博、内田敦郎、井山千草、篠田肇、小沢洋子、坪田一男. 眼内レンズ脱臼に対する眼内レンズ縫着術の術後成績の検討.

第19回眼科分子生物学研究会 岐阜 2015/2/28-3/1
鴨下衛、長田秀斗、成松俊雄、栗原俊英、永井紀博、坪田一男、小沢洋子. 光障害モデルにおけるRPEタイトジャンクション破綻に対するルテインの保護効果.

第119回日本眼科学会総会 札幌 2015/4/16-4/19
鴨下衛、栗原俊英、永井紀博、小林沙織、坪田一男、小沢洋子. 光障害モデルにおけるRPEタイトジャンクション破綻に対するルテインの保護効果.
永井紀博、坪田一男、小沢洋子. ホウレンソウ摂取による黄斑色素密度の増加(パイロットスタディー).

第36回日本炎症再生医学会 東京 2015/7/21-7/22
鴨下衛、長田秀斗、永井紀博、栗原俊英、小林沙織、坪田一男、小沢洋子. 光障害モデルにおけるRPEタイトジャンクション破綻に対するルテインの保護効果.

第15回日本抗加齢医学会総会 福岡 2015/5/29-5/31
鴨下衛、長田秀斗、戸田枝里子、栗原俊英、永井紀博、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. Ⅱ型糖尿病モデルマウスに対する有酸素運動による網膜神経保護効果.

第54回網膜硝子体学会総会 東京 2015/12/4-12/6
鴨下衛、長田秀斗、戸田枝里子、栗原俊英、永井紀博、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. 2型糖尿病モデルマウスに対する有酸素運動による網膜神経保護効果.
永井紀博、鈴木美砂、持丸博史、富田洋平、内田敦郎、栗原俊秀、井山千草、鴨下衛、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. 加齢黄斑変性に対するアフリベルセプト投与無効症例の予測因子.
栗原俊英、清水裕介、永井紀博、鈴木美砂、内田敦郎、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. 網膜中心静脈閉塞症に対するアフリベルセプト及びラニビズマブの9か月間の治療成績.

2014年度
第14回信濃町網膜研究会、東京、2014/5/23
栗原俊英、内田敦郎、小沢洋子、篠田肇. 硝子体切除術後に急激に生じた黄斑円孔網膜剥離

第14回日本抗加齢医学会総会、大阪、2014/6/6-8
小沢洋子、平沢学、田久保圭誉、三宅誠司、遠藤元誉、梅澤一夫、尾池雄一、坪田一男. マウス脈絡膜新生血管モデルにおけるAngiopoietin-like protein 2 (Angptl2) の役割.

第62回日本視覚電気生理学会総会、東京、2014/10/4-9
藤波芳、後藤聡、赤堀正和、小沢洋子、坪田一男、野田徹、岩田岳、三宅養三、角田和繁. 中心窩機能温存型黄斑ジストロフィ.

第68回日本臨床眼科学会、兵庫、2014/11/13 -16
栗原俊英、永井紀博、鈴木美砂、内田敦郎、持丸博史、富田洋平、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するラニビズマブ投与の3カ月治療成績.
伊吹麻里、永井紀博、鈴木美砂、富田洋平、持丸博史、栗原俊英、内田敦郎、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. 無治療のポリープ状脈絡膜血管症に対するラニビズマブ、アフリベルセプトの作用
重野雄太、永井紀博、栗原俊英、鈴木美砂、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. 黄斑色素スクリーナーMPS2の使用経験
園田秀樹、篠田肇、内田敦郎、坪田一男、小沢洋子. 実用視力測定法を用いた黄斑円孔術後の視機能変化の評価

第53回日本網膜硝子体学会総会、大阪、2014/11/28-30
栗原俊英 内田敦郎 富田洋平 永井紀博 坪田一男 篠田肇 小沢洋子. 硝子体手術術後に急激に生じた黄斑円孔網膜剥離の一例
永井紀博、鈴木美砂、持丸博史、富田洋平、内田敦郎、栗原俊秀、佐々木真理子、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. 治療抵抗性の加齢黄斑変性に対するアフリベルセプトスイッチング症例の1年成績
太田友香、永井紀博、永井香奈子、鈴木美砂、富田洋平、内田敦郎、栗原俊秀、篠田肇、坪田一男、小沢洋子. Sneddon症候群に乳頭上網膜血管腫を合併した症例.
成松俊雄、根岸一乃、三宅誠司、平澤学、栗原俊英、坪田一男、小沢洋子. RPE-脈絡膜における青色光誘導炎症マーカーの発現の検討
内田敦郎、富田洋平、持丸博史、栗原俊英、永井紀博、篠田肇、小沢洋子、坪田一男. 多局所網膜電図を施行したfocal choroidal excavation 3例

2013年度
Medical Retina League 東京 2013/3/8
小沢洋子.「AMDに対する抗VEGF療法Update」

第17回 眼科分子生物学会、焼津、2013/2/23
永井紀博, 久保田俊介, 小沢洋子. レスベラトロールによるAMPK経路を介した実験的脈絡膜新生血管の抑制.
安藤 亮, 野田航介, 外丸詩野, 鴨下衛, 小沢洋子, 納富昭司, 久冨智朗, 神田敦宏, 石田 晋. プロテアソーム機能低下と視細胞変性.
第20回MidtownRetinalConference 東京 2013/3/2
篠田肇, 富田洋平, 持丸博史, 内田敦郎, 厚東隆志, 永井紀博, 小沢洋子.外傷後のトランスロケーション?

第12回 日本再生医療学会 神奈川 2013/3/21-23
吉田哲, 小沢洋子, 鈴木啓一郎, 平林由香, 鈴木禎史, 小泉春菜, 結城賢弥, 小林哲郎, 大山学, 天谷雅行, 岡田洋平, 赤松和土, 松崎有未, 三谷幸之介, 榛村重人, 坪田一男, 岡野栄之. iPS細胞を用いた網膜色素変性症における視細胞の変性機 構の解析

第117回 日本眼科学会総会 東京 2013/4/4-7
平沢学, 遠藤元誉, 鴨下衛, 成松俊雄, 三宅誠司, 永井紀博, 坪田一男, 尾池雄一, 小沢洋子. 脈絡膜新生血管モデルにおける Angiopoietin-like 2の関与
鴨下衛, 久保田俊介, 三宅誠司, 結城賢弥, 永井紀博, 梅澤一夫, 坪田一男, 小沢洋子. AMP活性化プロテインキナーゼによる抗炎症作用と視機能維持
永井紀博,久保田俊介,坪田一男,小沢洋子.AMP活性化プロテインキナーゼ経路を介した実験的脈絡膜新生血管の抑制.

第67回日本臨床眼科学会 神奈川 2013/10/31-11/3
鈴木美砂, 永井紀博, 永井香奈子, 篠田肇, 内田敦郎, 厚東隆志, 持丸博史, 富田洋平, 佐々木真理子, 坪田一男, 小沢洋子. 狭義加齢黄斑変性に対するpro re nateによるラニビズマブ硝子体注射.
永井紀博,永井香奈子,鈴木美砂,持丸博史,富田洋平,内田敦郎,佐々木真理子,篠田肇,坪田一男,小沢洋子.抗VEGF療法に反応不良の滲出型加齢黄斑変性に対するアフリベルセプトの作用.

第780回東京眼科集談会 東京 2013/11/14
八木橋めぐみ, 栗原俊英, 坪田一男, 小沢洋子. 血液腫瘍に伴う網膜中心静脈閉塞症(CRVO)に原疾患治療を行い、奏功した2症例

2012年度
第35回日本眼科手術学会 愛知 2012/1/27-29
常吉由佳里, 篠田肇, 西恭代, 厚東隆志, 内田敦郎, 永井紀博, 坪田一男, 小沢洋子. 実用視力測定法を用いた特発性網膜上膜術後の視機能変化の評価.

第116回日本眼科学会 東京 2012/4/5-4/8
鈴木美砂、久保田俊介、平澤学、三宅誠司、野田航介、門之園一明、坪田一男、石田晋、小沢洋子.光線力学的療法に伴う血管内皮増殖因子の発現亢進の生物学的意義 (short title: PDT後のVEGF発現亢進の意義
佐々木真理子、川崎良、内田敦郎、厚東隆志、持丸博史、篠田肇、鈴木美砂、永井香奈子、永井紀博、坪田一男、小沢洋子. 片眼加齢黄斑変性患者における前駆病変と僚眼発症の関連
永井紀博, 久保田俊介, 坪田一男, 小沢洋子. レスベラトロールによる脈絡膜新生血管の抑制.
小林文貴, 永井紀博, 永井香奈子, 鈴木美砂, 三宅誠司, 小林沙織, 坪田一男, 小沢洋子. 若年者における黄斑色素密度の検討.
堀野武, 内田敦郎, 持丸博史, 厚東隆志, 永井紀博, 篠田肇, 篠田啓, 大出尚郎, 小沢洋子, 坪田一男. ボリコナゾール内服による視覚障害から視放線の病変が見つかった再生不良性貧血の一例.

第12回日本抗加齢医学会総会 横浜 2012/6/23
成松俊雄、三宅誠司、永井紀博、坪田一男、小沢洋子. レニン – アンジオテンシン系の網膜光障害への関与の検討

第19回 Midtown Retina Conference 東京 2012/9/1
篠田肇, 内田敦郎, 厚東隆志, 持丸博史, 永井紀博, 小沢洋子. 高度近視に伴う中心窩分離症に対する硝子体手術
第23回日本緑内障学会 金沢 2012/9/28-9/30
結城賢弥、坪田一男. 正常眼圧緑内障進行と尿中8-OHdG濃度

第66回日本臨床眼科学会 京都 2012/10/25-10/28
鈴木美砂、永井紀博、永井 香奈子、篠田肇、内田敦郎、厚東隆志、持丸博史、小沢洋子、坪田一男. 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ単独治療における導入期の有効性についての検討 
永井紀博, 小林文貴, 永井香奈子, 鈴木美砂, 持丸博史, 内田敦郎, 厚東隆志, 篠田肇,三宅誠司, 小林沙織, 坪田一男, 小沢洋子. 健常者における黄斑色素密度と血清カロテノイド濃度の相関.
厚東隆志, 林李恵, 篠田肇, 永井紀博, 内田敦郎, 持丸博史, 坪田一男, 小沢洋子. 網膜静脈分枝閉塞症に伴う黄斑浮腫に対するベバシズマブテノン嚢下注射の効果の検討.
持丸博史, 前田高宏, 厚東隆志, 内田敦郎, 永井紀博, 篠田肇, 坪田一男, 小沢洋子. 新規過活動膀胱治療薬ミラベグロン投与後早期に発症した網膜静脈分枝閉塞症の一例.
結城賢弥、田辺佐智子、深川和己、内野美樹、下山勝、尾関直毅、芝大介、坪田一男. 転倒恐怖感と緑内障重症度

第35回日本分子生物学会年会. 福岡 2012/12/11-14
三宅誠司、小林沙織、坪田一男、小沢洋子. PC12D細胞におけるルテイン含有マリーゴールド抽出物の抗酸化分子誘導効果

Global COE Final Symposium .Center for Integrated Medical Research, Keio University, Tokyo, Japan. 2012/12/3-12/4
Yoshida T, Ozawa Y, Suzuki K, Hirabayashi Y, Suzuki S, Koizumi H, Yuki K, Kobayashi T, Ohyama M, Amagai M, Okada Y, Akamatsu W, Matsuzaki Y, Mitani K, Shimmra S, Tsubota K, Okano H. An analysis of the mechanisms of degradation of photoreceptor cells in a retinitis pigmentosa patient using iPS cells.

2011年度
第15回眼科分子生物学研究会, 宮崎, 2011/1/22-23
鈴木美砂, 小沢洋子, 久保田俊介, 平沢学, 石田晋. PDTにおけるVEGFの役割.

第34回日本眼科手術学会総会, 京都, 2011/1/28-30
西恭代, 篠田肇, 結城賢弥, 内田敦郎, 厚東隆志, 小沢洋子, 坪田一男. 視力1.0以上の網膜上膜に対する実用視力測定の有効性.

第10回日本再生医療学会総会, 東京, 2011/3/1-2
吉田哲, 小泉春菜, 結城賢弥, 平林由香, 鈴木啓一郎, 三谷幸之助, 小林哲郎, 大山学, 天谷雅行, 岡田洋平, 赤松和土, 坪田一男, 榛村重人, 小沢洋子, 岡野栄之. ヘルパー依存型アデノウイルスを用いたヒトiPS細胞の遺伝子変異治療.

第115回日本眼科学会総会, 東京, 2011/5/12-15
久保田俊介, 小沢洋子, 栗原俊英, 佐々木真理子, 結城賢弥, 三宅誠司, 野田航介, 石田晋, 坪田一男. 糖尿病網膜症におけるAMPキナーゼの役割について.
三宅誠司, 高橋矩子, 佐々木真理子, 小林沙織, 坪田一男, 小沢洋子. ビルベリーエキスによる眼炎症抑制効果の解析.
結城賢弥, 吉田哲, 栗原俊英, 平沢学, 小沢洋子, 坪田一男. SOD1ノックアウトマウスにおける網膜神経節細胞数の減少.

第11回日本抗加齢医学会, 京都, 2011/5/27-29
久保田俊介, 小沢洋子, 栗原俊英, 佐々木真理子, 結城賢弥, 三宅誠司, 野田航介, 石田晋, 坪田一男. 糖尿病網膜症におけるAMPキナーゼの役割.
三宅誠司, 佐々木真理子, 結城賢弥, 栗原俊英, 小林沙織, 坪田一男, 小沢洋子. 光モデルマウスにおけるルテインの網膜保護作用.

第32回日本炎症再生医学会, 京都, 2011/6/2-3
三宅誠司, 佐々木真理子, 結城賢弥, 栗原俊英, 小林沙織, 坪田一男, 小沢洋子. マウス光障害網膜におけるルテインのアポトーシス抑制効果.

第9回信濃町網膜研究会, 東京, 2011/7/1
厚東隆志, 篠田肇, 永井紀博, 内田敦郎, 持丸博史, 小沢洋子. まどのむこうのそのまたむこう.

第65回日本臨床眼科学会, 東京, 2011/10/7-10
鈴木美砂, 佐々木真理子, 厚東隆志, 持丸博史, 内田敦郎, 永井香奈子, 永井紀博, 篠田肇, 坪田一男, 小沢洋子. 加齢黄斑変性に対するラニビズマブ治療における無効症例の検討.

第50回日本網膜硝子体学会総会, 東京, 2011/12/2-4
川島弘彦, 篠田肇, 持丸博史, 内田敦郎, 厚東隆志, 永井紀博, 小沢洋子, 坪田一男. 内境界膜剥離併用硝子体手術で中心窩網膜分離が改善したX染色体性若年性網膜分離の1例.

2010年度
第33回日本眼科手術学会総会, 東京, 2010/1/22-24
加藤浩士, 内田敦郎, 厚東隆志, 篠田肇, 野田航介, 坪田一男, 小沢洋子. 硝子体術後に意識レベルとADLの改善を認めた両眼Terson症候群の一例.
篠田肇, 内田敦郎, 厚東隆志, 野田航介, 坪田一男, 小沢洋子. 近視性網膜分離に対する内境界膜剥離(+空気置換)併用硝子体手術.

第14回眼科分子生物学研究会, 大阪, 2010/2/13-14
久保田俊介, 小沢洋子, 石田晋. レスベラトロールの糖尿病網膜症への効果.
佐々木真理子, 栗原俊英, 久保田俊介, 結城賢弥, 石田晋, 小沢洋子. ルテインによる糖尿病マウスモデルにおける網膜神経保護効果の解析.

第114回日本眼科学会総会, 名古屋, 2010/4/14-18
久保田俊介, 栗原俊英, 小沢洋子, 石田晋, 坪田一男. レスベラトロールの網膜光障害に対する保護効果(レスベラトロールによる網膜保護).
平沢学, 野田航介, 小沢洋子, 小川葉子, 鈴木美砂, 坪田一男, 石田晋. ヒト脈絡膜新生血管病変における上皮間葉移行(EMT)関連転写因子の局在. (第114回日本眼科学会総会学術展示優秀賞受賞)

第31回日本炎症・再生医学会, 東京, 2010/8/5-6
久保田俊介, 小沢洋子, 石田晋, 坪田一男. 糖尿病網膜症に対するSIRT1の抗炎症効果.
三宅誠司, 佐々木真理子, 小林沙織, 坪田一男, 小沢洋子. Food factorによる眼炎症抑制効果の解析.

第2回Neuroprotective Meeting for Young Researchers (NMYR), 東京, 2010/10/23
三宅誠司, 高橋矩子, 佐々木真理子, 小林沙織, 坪田一男, 小沢洋子. 眼炎症に対するビルベリー抽出物の視機能保護効果.

第64回日本臨床眼科学会, 神戸, 2010/11/11-14
川北哲也, 小沢洋子, 川崎佳巳, 坪田一男. インストラクションコース 眼科医に必要なサプリメント(食)の基礎知識.
佐々木真理子, 篠田肇, 厚東隆志, 内田敦郎, 坪田一男, 小沢洋子. 加齢黄斑変性に対するAREDSサプリメントの摂取状況.
平沢学, 野田航介, 小沢洋子, 小川葉子, 鈴木美砂, 坪田一男, 石田晋. ヒト脈絡膜新生血管組織における上皮間葉系移行(EMT)関連転写因子の局在. (第114回日本眼科学会総会 学術展示優秀賞受賞講演)
広越亜希子, 内田敦郎, 厚東隆志, 篠田肇, 佐々木真理子, 坪田一男, 小沢洋子. 最近5年間の当院での極低出生体重児における未熟児網膜症.

2009年度
第13回眼科分子生物研究会, 筑紫野, 2009/1/31-2/1
栗原俊英, 久保田義顕, 小沢洋子, 石田晋, 坪田一男, 須田年生, 岡野栄之. 成体循環系構築におけるVEGFの空間的分布制御. (最優秀演題賞受賞)

第32回日本眼科手術学会総会, 神戸, 2009/1/23-25
富田洋平, 野田航介, 内田敦郎, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 小沢洋子, 坪田一男, 石田晋. 黄斑浮腫に続発した黄班円孔に対して硝子体手術を施行した2例.

第8回日本再生医療学会総会, 東京, 2009/3/5-6
栗原俊英, 久保田義顕, 小沢洋子, 田久保圭誉, 野田航介, Randall Johnson, 末松誠, 合田亘人, 石田晋, 坪田一男, 須田年生, 岡野栄之. pVHLは、網膜における胎児循環から成体循環への以降に必要である.

第12回Tokyo Retina Club, 東京, 2009/3/7
野田航介, 小沢洋子, 石田晋. 黄斑浮腫に続発した黄班円孔に対して硝子体手術を施行した2例.

第113回日本眼科学会, 東京, 2009/04/16-19
久保田俊介, 栗原俊英, 野田航介, 小沢洋子, 石田晋, 坪田一男. 抗酸化物質レスベラトロールの糖尿病網膜症への影響.
佐々木真理子, 栗原俊英, 坪田一男, 小沢洋子. ルテインによるマウス光障害モデルにおける網膜神経保護効果の解析.
持丸博史, 高橋枝里, 厚東隆志, 野田航介, 小沢洋子, 谷原秀信, 佐谷秀行, 石田晋, 坪田一男. ヒアルロン酸およびヒアルロン酸受容体CD44の脈絡膜新生血管における関与.

第51回日本老年医学会/日本基礎老化学会第32会大会, 横浜, 2009/6/18-20
佐々木真理子, 小沢洋子, 栗原俊英, 野田航介, 石田晋, 坪田一男. ルテインによるマウス網膜炎症モデルにおける網膜神経保護効果の解析.

第43回日本眼炎症学会, 大阪. 2009/7/10-12
持丸博史, 高橋枝里, 厚東隆志, 野田航介, 小沢洋子, 谷原秀信, 佐谷秀行, 石田晋, 坪田一男. ヒアルロン酸およびヒアルロン酸受容体CD44の脈絡膜新生血管における関与.

第63回日本臨床眼科学会, 福岡, 2009/10/9-12
鴨下衛, 厚東隆志, 内田敦郎, 篠田肇, 野田航介, 坪田一男, 石田晋, 小沢洋子. 加齢黄班変性に伴う漿液性網膜剥離に対するペガプタニブ硝子体内投与の効果.
渡辺一弘, 篠田肇, 厚東隆志, 内田敦郎, 野田航介, 坪田一男, 小沢洋子. コロイデレミアに併発した黄斑円孔網膜剥離に硝子体手術が奏効した1例.
内田敦郎, 厚東隆志, 篠田肇, 野田航介, 小沢洋子. 角膜移植後の網膜剥離に対し広角観察システム硝子体手術を施行された3症例.

第63回日本臨床眼科学会, 福岡, 2009/10/9 専門別研究会「眼科再生医療研究会」
小沢洋子. 網膜再生医療の現状と展望.

第48回日本網膜硝子体学会総会, 名古屋, 2009/12/4-6
厚東隆志, 篠田肇, 野田航介, 内田敦郎, 坪田一男, 小沢洋子. 両眼性同時発症の網膜中心静脈閉塞症から多発性骨髄腫の診断に至った1例.

2008年度
第10回Tokyo Retina Club, 東京, 2008/1/26
野田航介, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 石田晋. 硝子体手術後に発症した黄斑円孔に薬物治療が奏効したCRVOの1例.

第12回眼科分子生物研究会, 熱海. 2008/2/16-17
栗原俊英, 小沢洋子, 石田晋. 糖尿病網膜におけるAT1Rを介したシナプスタンパクの分解および網膜機能障害.

第42回日本眼炎症学会, 福岡, 2008/7/4-6
厚東隆志, 尾池雄一, 永井紀博, 小沢洋子, 野田航介, 篠田肇, 緒方雅郎, 坪田一男, 石田晋. Calcium-channel blockerによる眼内炎症の抑制.

第31回日本神経科学大会, 東京, 2008/7/11
栗原俊英, 小沢洋子, 永井紀博, 尾池雄一, 岡野栄之, 坪田一男, 石田晋. 糖尿病網膜におけるAT1Rを介したシナプトタンパクの分解および網膜機能障害.
Yoko Ozawa, Keiko Nakao, Toshihide KKurihara, Takuya Shimazaki, Shigeto Shimmura, Susumu Ishida, Akihiko Yoshimura, Kazuo Tsubota, Hideyuki Okano. SOCCS3 is required to protect photoreceptor cell function during retinal inflammation.

第62回日本臨床眼科学会, 東京, 2008/10/23-26
稲垣絵海, 篠田肇, 川村亮介, 内田敦郎, 鈴木浩太郎, 野田航介, 小沢洋子, 石田晋, 坪田一男. 転移性脈絡膜腫瘍に対してBevacizumab硝子体内投与を施行した1例.
尾関直毅, 篠田肇, 野田航介, 小沢洋子, 篠田啓, 坪田一男, 石田晋. 経角膜電気刺激にて視力改善を認めたBEST病の1症例.

第47回網膜硝子体学会, 京都, 2008/11/28-30
森山あづさ, 野田航介, 内田敦郎, 川村亮介, 篠田肇, 小沢洋子, 坪田一男, 石田晋. Macular microholeに対してトリアムシノロンテノン嚢下注入を行った一例.
山中美穂, 野田航介, 内田敦郎, 川村亮介, 篠田肇, 小沢洋子, 坪田一男, 石田晋. 硝子体手術後に生じた黄斑円孔に対してトリアムシノロン投与を行った網膜中心静脈閉塞症の一例.
伴紀充, 川村亮介, 内田敦郎, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 野田航介, 小沢洋子, 石田晋. 裂孔原性網膜剥離に対する20G硝子体手術と23、25G小切開硝子体手術の術後成績.

第31回日本分子生物学会年会, 神戸, 2008/12/9-12
Ozawa Y, Nakao K, Kurihara T, Shimazaki T, Shimmura S, Ishida S, Yoshimura A, Tsubota K, Okano H. 網膜炎症による視機能障害に対するSOCS3の神経保護効果の解析 Roles of STAT3/SOCS3 Pathway in Regulating the Visual Function and Ubiquitin-Proteasome-dependent Degradation of Rhodopsin during Retinal Inflammation.

2007年度
第30回日本眼科手術学会総会, 京都, 2007/1/26-28
遠藤安希子, 井上真, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 小沢洋子, 今村裕, 石田晋. 網膜剥離を合併した角膜白斑の1例.
川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. 術中・術後の脈絡膜出血の検討.
鈴木浩太郎, 井上真, 川村亮介, 篠田肇, 小沢洋子, 今村裕, 石田晋. 水流を用いた残存硝子体膜の除去.
平沢学, 今村裕, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. 網膜色素上皮剥離を伴う黄班ドルーゼンに対する単純硝子体切除.

第11回眼科分子生物研究会, 松島, 2007/3-10-11
小沢洋子, 中尾啓子, 島崎琢也, 榛村重人, 栗原俊英, 石田晋, 坪田一男, 岡野栄之. 網膜視細胞(rod)の分化調節機構の解析~SOCS3は分化開始時期を正に制御する.
里深信吾, 市原淳弘, 永井紀博, 厚東隆志, 小沢洋子, 石田晋. (プロ)レニン受容体の実験的脈絡膜血管新生への関与.

第111回日本眼科学会総会, 京都, 2007/4/19-22
小沢洋子, 中尾啓子, 島崎琢也, 栗原俊英, 石田晋, 坪田一男, 岡野栄之. 網膜視細胞の分化調節機構―SOCS3による正の制御~SOCS3は視細胞分化を開始させる.
栗原俊英, 小沢洋子, 永井紀博, 井上真, 尾池雄一, 岡野栄之, 坪田一男, 石田晋. 早期糖尿病網膜症における網膜機能障害に対するAT1R阻害剤の神経保護効果.
永井香奈子, 永井紀博, 里深信吾, 小沢洋子, 井上真, 坪田一男, 大神一浩, 大野重昭, 石田晋. ルテインによる実験的脈絡膜新生血管の抑制.

第41回日本眼炎症学会, 東京, 2007/7/6-8
厚東隆志, 永井紀博, 篠田肇, 里深信吾, 栗原俊英, 小沢洋子, 井上真, 坪田一男, 石田晋. エイコサペンタエン酸の摂取による実験的脈絡膜血管新生の抑制効果.
永井香奈子, 永井紀博, 小沢洋子, 三原昌彦, 大杉義征, 岡野栄之, 坪田一男, 石田晋. IL-6/STAT3経路の阻害による脈絡膜新生血管の抑制.

第7回日本抗加齢医学会, 京都, 2007/7/20-21
石田晋, 永井香奈子, 永井紀博, 小沢洋子, 岡野栄之, 坪田一男. 脈絡膜血管新生におけるIL6/STAT3経路の関与.

第28回日本炎症・再生医学会, 東京, 2007/8/2-3
石田晋, 永井香奈子, 永井紀博, 小沢洋子, 三原昌彦, 大杉義征, 坪田一男, 尾池雄一, 岡野栄之. 脈絡膜血管新生におけるIL6/STAT3経路の関与と炎症制御による新規治療の可能性.
小沢洋子, 中尾啓子, 島崎琢也, 榛村重人, 栗原俊英, 石田晋, 坪田一男, 岡野栄之. 網膜視細胞(rod)の分化調節機構の解析~SOCS3は分化開始時期を正に制御する.
栗原俊英, 小沢洋子, 永井紀博, 井上真, 尾池雄一, 坪田一男, 石田晋, 岡野栄之. アンジオテンシンⅡ1型受容体阻害剤の早期糖尿病網膜症に対する神経保護効果.

第61回日本臨床眼科学会, 京都, 2007/10/11-14
川村亮介, 井上真, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 石田晋. トリアムシノロンアセトニドのテノン嚢下注射による眼圧上昇.

第46回日本網膜硝子体学会, 青森, 2007/11/23-25
細田進悟, 川村亮介, 石田晋, 小沢洋子, 今村裕, 篠田肇, 鈴木浩太郎, 井上真. 特発性黄斑円孔に対する25ゲージ経結膜硝子体手術後の視野の検討.

第30回日本分子生物学会年会,第80回日本生化学会大会、合同大会, 横浜, 2007/12/11-14
小沢洋子, 中尾啓子, 島崎琢也, 榛村重人, 栗原俊英, 石田晋, 坪田一男, 岡野栄之. SOCS3 is required to temporally fine-tune photoreceptor cell differentiation. 網膜視細胞の分化調節機構―SOCS3は視細胞分化を開始させる.

2006年度
第10回眼科分子生物研究会, 熱海, 2006/1/14-15.
小沢洋子, 栗原俊英, 永井紀博, 篠/田啓, 尾池雄一, 坪田一男, 石田晋, 岡野栄之. 眼炎症による網膜機能障害に対するアンジオテンシンⅡ1型受容体阻害剤の効果.
永井紀博, 尾池雄一, 小沢洋子, 坪田一男, 石田晋. アンジオテンシンⅡ1型受容体阻害薬による脈絡膜血管新生の抑制.

第6回Tokyo Retina Club, 東京, 2006/2/10-11.
中島剛, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. CRAOに対して硝子体手術による動脈内血栓除去を試みた1例.

第12回糖尿病眼学会, 東京, 2006/3/4.
永井紀博, 厚東降志, 里深信吾, 持丸博史, 小沢洋子, 坪田一男, 井上真, 石田晋. アンジオテンシンⅡ1型受容体阻害による糖尿病モデル網膜血管炎症の抑制.

第110回日本眼科学会総会, 大阪, 2006/4/13-16.
栗原俊英, 小沢洋子, 永井紀博, 篠田啓, 井上真, 尾池雄一, 坪田一男, 石田晋, 岡野栄之. 眼炎症による網膜機能障害に対するアンジオテンシンⅡ1型受容体阻害剤の効果.
永井紀博, 里深信吾, 厚東隆志, 篠田肇, 栗原俊英, 小沢洋子, 井上真, 坪田一男, 石田晋. アンジオテンシンⅡ1型受容体拮抗薬による脈絡膜新生血管の抑制.

第6回日本抗加齢医学会総会, 東京, 2006/5/19-20.
厚東隆志, 永井紀博, 小沢洋子, 井上真, 坪田一男, 石田晋. Effect of ω-3 Fatty Acid on Suppression of Choroidal Neovascularization.
永井香奈子, 永井紀博, 小沢洋子, 岡野栄之, 坪田一男, 石田晋. Interleukin-6受容体阻害による実験的脈絡膜新生血管の抑制.
永井紀博, 尾池雄一, 永井香奈子, 里深信吾, 厚東隆志, 小沢洋子, 坪田一男, 石田晋. AngiotensinⅡ1型受容体阻害による抗炎症に介した脈絡膜新生血管の抑制.

第40回日本眼炎症学会, 米子, 2006/7/7-9
里深信吾, 市原淳弘, 永井紀博, 厚東隆志, 篠田肇, 小沢洋子, 井上真, 坪田一男, 石田晋. プロレニンの非蛋白融解的活性化の阻害による眼内炎症の抑制.
永井紀博, 泉香奈子, 小沢洋子, 坪田一男, 山城健児, 石田晋. アンジオテンシンⅡ1型受容体シグナルのブロックによる眼内炎症の抑制.

第27回日本炎症・再生学会, 東京, 2006/7/11-12.
栗原俊英, 小沢洋子, 永井紀博, 篠田啓, 井上真, 尾池雄一, 坪田一男, 石田晋, 岡野栄之. 眼炎症による網膜機能障害に対するアンジオテンシンⅡ1型受容体阻害剤の効果.
永井紀博, 永井香奈子, 小沢洋子, 三原昌彦, 大杉義征, 岡野栄之, 坪田一男, 石田晋. Interleukin-6受容体阻害による脈絡膜新生血管の抑制.

第60回日本臨床眼科学会, 京都, 2006/10/5-8.
佐藤裕理, 篠田肇, 鈴木浩太郎, 中島剛, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. トリアムシノロン併用光線力学療法の長期予後.
篠田肇, 鈴木浩太郎, 中島剛, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. Microcoaxial白内障手術併用25ゲージ硝子体手術.
杉坂英子, 篠田啓, 鈴木浩太郎, 中島剛, 篠田肇, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. 硝子体手術中の視体験の描出.
鈴木浩太郎, 中島剛, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. 25ゲージ網膜下注入針を用いた黄班下手術.
栗原俊英, 鈴木浩太郎, 永井紀博, 里深信吾, 中島剛, 篠田肇, 野田実香, 野田航介, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. 吸引機能を付加した強膜バックリング術に用いる新しいスパーテル.

第45回網膜硝子体学会, 東京, 2006/12/1-3.
厚東隆志, 永井紀博, 篠田肇, 里深信吾, 栗原俊英, 小沢洋子, 井上真, 石田晋. エイコサペンタエン酸の摂取による実験的脈絡膜血管新生の抑制効果.
里深信吾, 永井紀博, 厚東隆志, 小沢洋子, 井上真, 石田晋. プロレニンの非タンパク融解的活性化の阻害による網膜血管新生の抑制.
永井香奈子, 永井紀博, 小沢洋子, 栗原俊英, 井上真, 石田晋. Interleukin-6受容体阻害による実験的脈絡膜新生血管の抑制.
永井紀博, 永井香奈子, 厚東隆志, 里深信吾, 小沢洋子, 井上真, 石田晋. レニン・アンジオテンシン系とカリクレイン・キニン系の実験的脈絡膜血管新生への関与.

2005年度
第109回日本眼科学会総会, 京都, 2005/3/24-27.
小沢洋子, 中尾啓子, 島崎琢也, 栗原俊英, 石田晋, 井上真, 坪田一男, 岡野栄之. 網膜視細胞の分化調節機構―STAT3活性による負の制御.
永井紀博, 篠田肇, 厚東隆志, 小沢洋子, 篠田啓, 井上真, 坪田一男, 山城健児, 石田晋. アンギオテンシンⅡ1型レセプターのブロックによる眼内炎症の抑制.

第26回日本炎症・再生医学会, 東京, 2005/7/12-13.
厚東隆志, 永井紀博, 里深信吾, 小沢洋子, 篠田啓, 井上真, 石田晋, 坪田一男. アンギオテンシンⅡ1型受容体阻害による眼内炎症の抑制.
永井紀博, 厚東隆志, 里深信吾, 小沢洋子, 石田晋, 坪田一男. アンジオテンシンⅡ1型受容体阻害による脈絡膜新生血管新生の抑制.

第59回日本臨床眼科学会, 札幌, 2005/10/7-10.
井上真, 鈴木浩太郎, 中島剛, 今村裕, 小沢洋子, 篠田啓, 石田晋. 25ゲージ硝子体カッターの強度.

第44回日本網膜硝子体学会, 大阪, 2005/12/2-4.
井上真, 篠田啓, 玉沖朋子, 鈴木浩太郎, 中島剛, 篠田肇, 小沢洋子, 石田晋. Bimanual極小切開白内障手術併用25ケージ硝子体トリプル手術.
佐藤裕理, 鈴木浩太郎, 中島剛, 小沢洋子, 篠田啓, 石田晋, 井上真. トリアムシノロン併用光線力学療法の短期治療効果.
鈴木浩太郎, 井上真, 中島剛, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 篠田啓, 石田晋. 黄斑円孔網膜剥離に対する黄斑バックル併用硝子体手術の円孔閉鎖.
玉沖朋子, 篠田啓, 大出尚郎, 及川亜希子, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. 黄斑疾患に対する硝子体手術前後での視野解析.
永井紀博, 里深信吾, 厚東隆志, 持丸博史, 篠田肇, 栗原俊英, 小沢洋子, 井上真, 石田晋. アンギオテンシンⅡ1型受容体阻害による脈絡膜新生血管の抑制.
中島剛, 井上真, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 篠田啓, 石田晋. 鈍的障害による眼球破裂における手術既往の有無と網膜剥離について.

2004年度
第25回日本炎症・再生医学会, 東京, 2004/7.
小沢洋子, 中尾啓子, 島崎琢也, 岡野栄之. 視細胞の分化調節機構―活性化STAT3による負の制御―.

和文論文
Original Paper (Japanese)
小沢洋子, 永井紀博, 鈴木美砂, 栗原俊英, 篠田肇, 渡辺 満, 坪田一男. ルテイン高含有ホウレンソウ摂取による黄斑色素密度に対する効果のパイロットスタディ. 日本眼科学会雑誌 120: 41-48, 2016
加藤浩士, 内田敦郎, 厚東隆志, 篠田肇, 坪田一男, 小沢洋子. 硝子体手術後にADLが改善した両眼性Terson症候群の1例. 眼科手術 25(4)587-90,2012.
堀野武, 内田敦郎, 持丸博史, 厚東隆志, 永井紀博, 篠田肇, 篠田啓, 大出尚郎, 小沢洋子, 坪田一男. ボリコナゾール内服による視覚障害から視放線の病変が見つかった再生不良性貧血の一例. 眼科臨床紀要5(12):2012
鴨下衛, 結城賢弥, 坪田一男. Overhanging blebに対し濾過胞強膜縫着術を施行した一例. 眼科 54:447-453, 2012.
稲垣絵海, 篠田肇, 内田敦郎, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 野田航介, 石田晋, 坪田一男, 小沢洋子. 滲出性網膜剥離に対してベバシズマブ硝子体内投与が奏効した転移性脈絡膜腫瘍の1例. あたらしい眼科(0910-1810)28巻4号 Page587-592(2011.04)
石田晋, 持丸博史, 永井紀博, 野田航介, 小沢洋子. 実験的脈絡膜血管新生に対するカルテオロール塩酸塩の効果. 日眼雑誌 115:355-361, 2011
谷口紗織, 内田敦郎, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 野田航介, 今村裕, 小沢洋子, 根岸一乃, 石田晋. 慶應義塾大学病院眼科におけるLaser in situ keratomileusis術後の裂孔原性網膜剥離の検討. 眼科臨床紀要3(5):472-476, 2010
伊藤由美子, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 野田航介, 小沢洋子, 石田晋. Bevacizumab硝子体投与が有効であった血管新生緑内障の一例. 眼臨紀2:303-305, 2009
遠藤安希子, 川村亮介, 鈴木浩太郎, 篠田肇, 小沢洋子, 今村裕, 石田晋, 井上真, 坪田一男. 角膜白斑を合併した網膜剥離の1例. 眼科49:841-846, 2007.
太田優, 鈴木浩太郎, 川村亮介, 篠田肇, 今村裕, 小沢洋子, 篠田啓, 石田晋, 25ゲージ網膜下注入針を用いた黄班下手術. 眼科 49:193-198, 2007
佐藤裕理, 篠田啓, 鈴木浩太郎, 小沢洋子, 石田晋, 井上真. 酢酸トリアムシノロンのテノン嚢下投与併用光線力学療法. 眼科 49:71-77, 2007.

取材記事
Editorials
小沢洋子. 特集インタビュー 視機能とサプリメント. 食品化学新聞社, FOOD Style 21, 2015年11月号. 2015.
小沢洋子. 社外に学ぶOPEN YOUR EYES「目を守り抜くために眼科医としてできること」参天製薬株式会社,社内誌ビ・ザ・ビ. 2015
小沢洋子.「紙上 診察室」加齢黄斑変性の治療法は, 東京新聞, 暮らし18, 2014/8/5.
小沢洋子. 機能性素材探訪 急増するAMDに備え「目」の健康のために. 健康ジャーナル, 2014/5/20.
小沢洋子.「中高年の目の病気」特集 ドクターにお聞きしました, 第163号からだ情報 すこぶる, 2013/4/14.
小沢洋子. 「加齢黄斑変性」健康アプリ, 週刊エコノミスト, 2013/3/5.
小沢洋子. 中途失明の原因となる病気~iPS細胞の可能性 「第38回ラジオチャリティーミュージックソン」AMラジオ ニッポン放送 2012/12/24
小沢洋子. 「加齢黄斑変性」は予防が重要, I.B HEALTH CARE No.8, 2012
小沢洋子. 「作用の本質は発症予防」-眼科医の考察―AMDに対するルテインの重要性, 健康産業流通新聞, 2012/5/24
小沢洋子. 「ブルーライト」健康への影響は?. NHK 2012/6/1
小沢洋子. 座談会 ノバルティス 加齢黄班変性Q&A.
小沢洋子. 日本経済新聞 取材 健康欄 視界がゆがむ加齢黄班変性 2011/11/6
小沢洋子. 「ルテインに網膜神経保護作用 糖尿病患者の視機能維持に道」. Medical News 海外ジャーナルハイライト 2010/4/15
小沢洋子. 「黄班上膜」. 東京新聞 生活 2010/8/3
小沢洋子. 「加齢黄班変性とルテイン」. パトス元気アップ講座 2000/11

学内発表
Keio University Symposia

慶應義塾大学医学部第4学年自主学習発表会, 東京 2015/11/13
栗田安里沙, 小沢洋子. BRVOに伴う黄斑浮腫に対するルセンティスの効果
桑原直樹, 小沢洋子. 糖尿病黄斑浮腫に対する薬物治療の効果
清水裕介, 小沢洋子. 抗VEGF薬のCRVOに対する有効性

第8回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー 東京 2013/10/20
堀祥子, 持丸博史, 栗原俊英, 内田敦郎, 永井紀博, 篠田肇, 小沢洋子. 眼球破裂に伴う網膜剥離に対して、二度の硝子体手術を施行し良好な術後経過を得られた一例.
八木橋めぐみ, 栗原俊英, 小沢洋子. 血液腫瘍に伴う網膜中心静脈閉塞症(CRVO)に原疾患治療を行い、奏功した2症例.
伊吹麻里, 永井紀博, 永井加奈子, 鈴木美砂, 富田洋平, 持丸博史, 栗原俊英, 内田敦郎, 篠田肇, 小沢洋子. 無治療のポリープ状脈絡膜血管症(PCV)に対するアフリベルセプト、ルセンティス硝子体内注射の導入期治療の効果
小澤信博, 栗原俊英, 小沢洋子. 黄斑浮腫を伴う網膜静脈分枝閉塞症の視力予後別の特徴.

第7回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー, 東京, 2012/10/21
谷口沙織, 小川葉子, 榛村重人, 小沢洋子, 石田晋, 坪田一男. アンジオテンシンⅡタイプ1受容体阻害薬(ARB)による慢性移植片対宿主病(cGVHD)涙腺における線維化の抑制効果.
筒井絵里沙, 厚東隆志, 篠田肇, 内田敦郎, 永井紀博, 持丸博史, 坪田一男, 小沢洋子. 眼内レンズ落下/偏位に対する硝子体手術の検討.
堀内直樹, 持丸博史, 厚東隆志, 内田敦郎, 永井紀博, 篠田肇, 小沢洋子. 特発性黄斑上膜に対する硝子体手術症例の解析.
植木小百合, 鈴木美砂, 永井香奈子, 永井紀博, 小沢洋子. 加齢黄斑変性症例に対する内眼手術における留意点の検討.
鴨下衛, 久保田俊介, 小沢洋子. AMP活性化プロテインキナーゼによる抗炎症作用と視機能維持.

第6回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー, 東京, 2011/10/30
鈴木美砂, 久保田俊介, 平澤学, 石田晋, 小沢洋子. PDTにおけるVEGFの役割.
成松俊雄, 久保田俊介, 平澤学, 三宅誠司, 小沢洋子. 可視光による網膜色素障害の分子機構の解析.
小林文貴, 永井紀博, 永井香奈子, 鈴木美砂, 小沢洋子. 若年健常者における黄班色素密度の検討.
常吉由佳里, 篠田肇, 西恭代, 厚東隆志, 内田敦郎, 永井紀博, 坪田一男, 小沢洋子. 実用視力測定法を用いた特発性網膜上膜術後の視機能変化の評価.
川島弘彦, 篠田肇, 小沢洋子. 内境界膜剥離にて接着した先天性網膜分離症の1例.

慶應義塾大学医学部第4学年自主学習発表会, 東京, 2011/11/11
小川卓範, 三宅誠司, 成松俊雄, 久保田俊介, 小沢洋子, 坪田一男. 光暴露時の網膜細胞障害のメカニズム解析.

第5回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー, 東京, 2010/10/24
結城賢弥, 小沢洋子. SOD1KOマウスでは加齢に伴い網膜神経節細胞が眼圧非依存的に減少する.
久保田俊介, 小沢洋子, 石田晋. レスベラトロールの網膜光障害に対する保護効果.

第4回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー, 東京, 2009/11/29
久保田俊介, 栗原俊英, 小沢洋子, 石田晋. 糖尿病モデルマウスにおける酸化ストレスおよびNF -κB抑制を介したレスベラトロールの抗炎症作用.

第3回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー, 東京, 2008/11/23
佐々木真理子, 小沢洋子. 実験的網膜・ぶどう膜炎(EIU)モデルにおけるルテインの神経網膜保護効果.

第2回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー, 東京, 2007/10/18
栗原俊英, 小沢洋子, 石田晋. 糖尿病網膜におけるAT1Rを介したシナプスタンパクの分解および網膜機能障害.

第1回慶應義塾大学医学部眼科オータムセミナー, 東京, 2006/10/22
栗原俊英, 小沢洋子. 網膜炎症におけるアンジオテンシンⅡ1型受容体(AT1R)阻害剤の神経保護効果.

  1. Retina

    網膜分子細胞生物学研究室

  2. Retinal Cell Biology (RCB) Lab

    網膜細胞生物学

PAGE TOP