Dry eye group

Dry Eye and Oxidative Stress Research Team

ドライアイと酸化ストレス研究チーム
Dry Eye and Oxidative Stress Research Team

チーフ
村戸ドール
Murat Dogru

 

メンバー: 松本幸裕、小島隆司、イブラヒム オサマ・モハメドアリ、池田佳介、海道美奈子、石田玲子、佐藤エンリケアダン
秘書: 池田恵理

Members: Yukihiro Matsumoto, Takashi Kojima, Osama Mohamed Aly Ibrahim, Keisuke Ikeda, Minako Kaido, Reiko Ishida, Enrique Adan Sato
Secretary: Eri Ikeda

研究内容と目標 Research themes and objectives

 私たちは酸化ストレス蓄積とドライアイ発症の関係を継続して研究しています。年齢とともに体内には酸化ストレスが蓄積し、これによる細胞障害が組織としての機能を低下させ様々な病態に関係することが指摘されています。現在までに、Sod1(-/-)マウスを用いて酸化ストレスの蓄積が涙腺、結膜、マイボーム腺に影響を与え加齢性ドライアイの発症に繋がることを報告しています(Kojima T et al. Am J Pathology, 2012)。また最近はストレス応答に関する転写因子であるNrf2に着目し、Nrf2(-/-)マウスを用いた実験も行っています。研究のもう一つの柱であるコンタクトレンズ研究に関しては、コンタクトレンズと紫外線曝露の研究、コンタクトレンズの紫外線予防効果を動物モデルで証明した研究を報告しました(Ibrahim OM, et al. Invest Ophthalmol Vis, 2012)。この研究ではマウス用のソフトコンタクトレンズを自作し、それを装用させた後にUV-Bを照射しました。コンタクトレンズを装用していない群では角膜の潰瘍、浮腫を認め、病理組織学的検討で角膜において酸化ストレスマーカーの発現増加を認めました。この研究によってコンタクトレンズの紫外線からの保護作用が明らかになり、また紫外線による酸化ストレス増加が組織障害に繋がっている可能性が示唆されました。
今後も加齢性ドライアイの発症メカニズムをより深く理解し治療に役立てるため酸化ストレスを切り口に基礎研究を続けていきたいと思っています。

 Our research team focuses on a link between oxidative stress and dry eye disease. As we get older, oxidative stress accumulates in our body. The accumulation of oxidative stress damages cells and produces dysfunctional tissues. Therefore, oxidative stress can cause various diseases. To date, we have found that the accumulation of oxidative stress affects the lacrimal glands, the conjunctiva and the meibomian glands and thereby induces age-related dry eye disease (Kojima T et al. Am J Pathology, 2012). This research was carried out using Sod1 knockout mice. We are also interested in the transcriptional factor Nrf2, which plays an important role in response to stress.
In addition, we are keen on research in contact lenses. Until now, we have reported that contact lenses can protect the eyes from UV. (Ibrahim OM, et al. Invest Ophthalmol Vis, 2012) To achieve this, we created contact lenses for mice. The eyes of mice with the contact lenses remained intact after UV irradiation. On the other hand, in the case where they did not wear the contact lenses, UV irradiation caused various disorders such as ulcers/edemas in the cornea. Pathologic examinations also demonstrated that oxidative stress markers were increased. This research suggests (1) that contact lenses can be used for protection of the eyes from UV and (2) that UV induces oxidative stress and thereby damages various tissues.
We now wish to further investigate a correlation between age-related dry eye disease and oxidative stress. We hope that our basic research will be useful for clinical purposes.

  1. Dry eye group

  2. Ocular Surface Immune Response Team

    眼表面免疫応答チーム

  3. Dry Eye and Oxidative Stress Research Team

    ドライアイと酸化ストレス研究チーム

  4. Mucins and Lipid Metabolites Research Team

    ムチン・脂質代謝チーム

  5. Dry Eye Related Environmental Stress Team

    ドライアイ-環境因子ストレスチーム

  6. Tear Film Health Science Team

    涙液層の健康科学チーム

PAGE TOP