Dry eye group

Dry Eye Related Environmental Stress Team

ドライアイ−環境因子ストレスチーム
Dry Eye Related Environmental Stress Team

チーフ
中村滋
Shigeru Nakamura

メンバー: 今田敏博、泉田祐輔、ジンカイ、大西絵梨奈、阪口久代、渋谷倫子
Members: Toshihiro Imada, Yusuke Izuta, Kai Jin, Erina Onishi, Hisayo Sakaguchi, Michiko Shibuya

研究内容と目標 Research themes and objectives

 現代社会はストレス社会とも言われている。ドライアイもまた、社会的な疾患の一つであり、日々のQuality of visionを末長く維持してゆくためには、適切なストレスマネージメントを継続的に実践してゆくことが重要である。我々は、ストレスにより引き起こされる涙液状態の異変に着目し、ドライアイの発症メカニズムの解明、ひいては予防/治療法を確立させることを目指している。その取り組みは、従来の眼科学的なアプローチに止まらず、神経科学(Neuroscience)的なアプローチも融合させることにより、これまでにない、未来を見据えたドライアイ研究を核としている。また、ドライアイに対するフードファクター、生活習慣の改善という身近な介入手法の研究にも積極的に取り組み、常に出口を意識した、基礎研究をモットーとしている。

 Our research team aims to conduct basic research beneficial for clinical settings. People say today’s society is very stressful. Dry eye disease is one of the stress-related diseases in our society. Hence, in order to maintain quality of vision, it is necessary to manage stress properly in our day-to-day life. For example, stress can affect the quality of tears. Based on this fact, we are striving to (1) find out how dry eye is caused and (2) develop preventative and therapeutic methods for dry eye disease. Our research combines neuroscientific and ophthalmological approaches, and we believe that it is innovative dry eye disease research useful for the future. We are also investigating a correlation between dry eye disease and daily things such as food factors and lifestyles.

  1. Dry eye group

  2. Ocular Surface Immune Response Team

    眼表面免疫応答チーム

  3. Dry Eye and Oxidative Stress Research Team

    ドライアイと酸化ストレス研究チーム

  4. Mucins and Lipid Metabolites Research Team

    ムチン・脂質代謝チーム

  5. Dry Eye Related Environmental Stress Team

    ドライアイ-環境因子ストレスチーム

  6. Tear Film Health Science Team

    涙液層の健康科学チーム

PAGE TOP